液晶とは?

最終更新日 2019年10月11日

液晶とは何か

液晶ディスプレイ、液晶モニター、液晶テレビ等、液晶を使う映像表示機器がありますが、これらの名称に含まれる液晶とは何なのでしょうか。

技術情報 : 液晶ディスプレイの基礎 | 株式会社ジャパンディスプレイ には、以下のとおり書かれています。
液晶とは物質の状態のひとつで、固体(結晶)と液体との間に存在する中間的な状態です。分子配列に高度な規則性を持つ結晶が融解すると、一般には規則性が全く無い流動性を持つ液体の状態になります。しかし、細長い棒状の有機分子の場合、結晶状態から融解すると分子の位置の規則性は無くなりますが、分子の向きの規則性は残ります。このような分子の向きが揃った状態は、液体でありながら方向によって屈折率、誘電率などの物理的な性質が異なる結晶のような性質を併せ持っているので、液晶と呼ばれます。
ケミカル・ワンダータウン には、以下のとおり書かれています。
「ものには、固体と液体と気体という3つの状態がある」という話を、みなさんも聞いたことがあるでしょう。液晶とは、この3つでは分類できない『4つ目の状態』のことで、固体と液体の中間にある状態のことです。しっかりと固まっているわけでもなく、水のようにさらさら流れるものでもない、ドロドロした状態のことです。

ものをどんどん細かく分けていくと、分子という小さなつぶになります。固体では、この分子の位置や方向が規則(きそく)正しく並んでいます。液体は、水のように分子は決まった形を持たずに、ばらばらの状態です。液晶は、この両方の性質を持っています。液晶は液体のようにいろんな形になることも、固体のように決められた形になることもできるのです。
液晶とは?|液晶の世界:シャープ には、以下のとおり書かれています。
「液晶」とは、固体と液体の中間にある物質の状態(例えば石鹸水など)を指す言葉です。
以上いろいろな記事を見てきました。

私達は学校等で固体、液体、気体という状態があることを学びましたが、これらには当てはまらず固体と液体の中間に位置する状態のことを液晶と呼ぶようです。

液晶は固体のように固まっておらず液体のように動く状態なので、液晶に使われる物質の分子は不規則に並んでいると思われますが、そうではなく分子は規則正しく並んでいるようです。

・液晶とは固体と液体の中間にある状態のこと


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)