マザーボードのmSATAスロット

最終更新日 2023年09月07日

マザーボードのmSATAスロットとは

基礎

マザーボードのmSATAスロットとは、mSATAカードを取り付けるための挿入口です。エムエスエーティーエー・スロット、またはエムサタ・スロットと読みます。

サイズが小さいマザーボードがmSATAスロットを搭載している場合が多いです。mSATAカードのサイズが小さいので、内部スペースが狭いパソコンに適しています。

mSATAスロットには、逆挿しができないように切り欠きがあります。

mSATAスロットの形状が、PCI Express Mini Cardスロットの形状と同じです。mSATAカードを取り付けるなら、間違えないようにmSATAスロットに取り付けます。マザーボードのモデルによっては、同じスロットがmSATAカードとPCI Express Mini Cardカードの両者に対応しています。

mSATAスロットは、主にmSATA SSDを取り付けるために使用します。mSATAカードには、基板の長さの違いでハーフサイズとフルサイズがあります。mSATA SSDはフルサイズが多いです。変換アダプターを使用すると2.5インチSSDでもmSATAスロットに取り付けできます。

出典
最新SSDのキホン - AKIBA PC Hotline!(2014/09/08公開記事)


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・春のパソコンセール
最大70,000円OFF!!
(4月24日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・WEB開催!スプリングセール
ゲーミング・クリエイター向けパソコンなどをご用意
(4月23日迄)