バッテリーが短くても良いならノートPCの選択肢が広がる

最終更新日 2019年10月11日

バッテリー駆動時間を重視するとノートパソコンの選択肢が狭まる

ノートパソコンを選ぶなら、バッテリー駆動時間を重視しない人もいれば重視する人もいます。

ノートパソコンの薄型化・軽量化競争が激しくなっていますが、薄く軽くするためにはバッテリー容量を小さくすることが有効なので、バッテリー駆動時間を重視すると薄さと軽さに優れたノートパソコンを選べなくなります。

また、バッテリー駆動時間が長いノートパソコンは価格が高いので価格が安いノートパソコンを選べず必要な予算が大きくなります。

このようにバッテリー駆動時間を重視するとノートパソコンの選択肢が狭まりますが、もし何となくバッテリー駆動時間を重視しているなら自分にとってバッテリー駆動時間が長い必要があるのか考えてみると良いです。

電源コンセントがあるところで使うならバッテリー駆動時間が短くても問題ない

セキュリティが厳しくなり自宅と勤務先で同じノートパソコンを使うのは難しくなりましたが、自宅の机と勤務先の机でノートパソコンを使うとし移動中は使わないとします。

このような使い方なら、どちらの机にも電源コンセントがあるでしょうからバッテリー駆動時間が短くても問題ありません。

出張先でノートパソコンを使うとしても宿泊施設で使うだけなら電源コンセントがあるので、バッテリー駆動時間が短くても問題ありません。

新幹線や特急電車で移動中にノートパソコンを使うとしても電源コンセントがある新幹線や特急電車に乗るなら、バッテリー駆動時間が短くても問題ありません。

ノートパソコンの使い方は人それぞれであり使い方はもっと幅広いでしょうが、使い方をイメージしてノートパソコンのバッテリー駆動時間が短くても問題ないと判断できればノートパソコンの選択肢が広がります。

バッテリー駆動時間が短いがとても薄くて軽いノートパソコンや、バッテリーにかけるコストを減らして価格が安くなったノートパソコンも選べるようになります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)