ノートPCはモバイルPC向けCPU搭載なので性能が低い?

最終更新日 2021年04月18日

ノートPCはモバイルPC向けCPU搭載なので性能が低いのか

CPUにはデスクトップパソコン向けCPUとモバイルパソコン向けCPUがあり、原則的にノートパソコンはモバイルパソコン向けCPUを搭載しています。

デスクトップパソコン向けCPUを搭載しているノートパソコンもありますが、モバイルパソコン向けCPUでは性能が足りないユーザー向けのノートパソコンであり例外的です。

デスクトップパソコン向けCPUとモバイルパソコン向けCPUどちらもCPUによって性能が違いますので、比較するCPUによってはモバイルパソコン向けCPUの方が性能が高いですが、全体的に比べるとモバイルパソコン向けCPUの方が性能が低いです。

ノートパソコンの性能はCPUだけで決まるものではありませんが、CPUの性能が大きく影響し、ノートパソコンはモバイルパソコン向けCPUを搭載していますので性能が低いです。

技術進歩によりCPUの性能が底上げされており、モバイルパソコン向けCPUでも十分な性能がありますので、多くの人は気にする必要はありません。

今と比べてCPUの性能が低かった頃は、予算が許す限りできるだけ性能が高いCPUを選ぶのが望ましく、ノートパソコンである必要がない場合はデスクトップパソコン向けCPUを搭載しているデスクトップパソコンを選ぶのが望ましかったです。

今ではモバイルパソコン向けCPUでも様々な用途で十分快適と感じるほど高い性能があり、用途によってはモバイルパソコン向けCPUの性能を持て余す時代です。

モバイルパソコン向けCPUもCPUによって性能が違い、性能が低い方のCPUだと様々な用途で性能の低さを実感し、ノートパソコンを快適に使えないほどです。

ノートパソコンの価格が安いほどCPUの性能が低い傾向がありますので、価格が安いノートパソコンを選ぶ際はCPUの性能に注意が必要です。

必要とするCPUの性能は人によって違いますので、モバイルパソコン向けCPUの中で高性能CPUでも、自分にとって性能が足りるのかどうか検討が必要です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋売り尽くしセール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(10月27日迄)
DELL
・お客様感謝セール
最新のおすすめPCがクーポンで最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・買替応援SALE
Windows 11アップグレード対応ゲーム・クリエイターPC勢揃い
(10月26日迄)