電源ユニットは力率が高いとパソコンの消費電力が低い?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットは力率が高いとパソコンの消費電力が低いのか

電源ユニットは力率が高いと何となくパソコンの消費電力が低そうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

第1回 省電力時代に求められる高効率電源ユニット (2/2):PCハードウェア強化ラボ - @IT には、以下のとおり書かれています。
最初に述べたように、力率の悪い電源ユニットを使っていると、消費電力は同じだが、流れる電流の量は多くなる(電圧は同じ)。
省電力CPU時代到来 ファンレス電源を使いこなす - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
電源ユニットの交換で消費電力や発熱を下げるには、力率ではなく、「変換効率」の向上が条件となる。
電源の仕組を分かりやすく解説 2/3 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
無効電力は消費されず回路へ戻るため、力率はよくても悪くてもPCの消費電力や発熱とは直接関係なく、電気代も基本的に変わらない(電力会社によっては高力率割引がある)。
各記事では力率について詳しく解説しており、ここでは結論だけを見てきましたが、電源ユニットは力率が高くてもパソコンの消費電力は変わらないそうです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(7月15日迄)
DELL
・夏のお客様感謝
XPS最新モデルほか、スタイリッシュなノートパソコンがクーポンで17%OFF
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・New GALLERIA発売開始記念3大キャンペーン
豪華賞品プレゼントなどお得なキャンペーン実施中
(7月30日迄)
パソコン工房
・サマーセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器等がお得な価格
(8月4日迄)