電源ユニットのケーブルがメッシュのメリット、デメリットとは?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットのケーブルがメッシュのメリット、デメリットとは何か

ASCII.jp:XIGMATEKから価格1万5800円の750W電源が明日登場! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年7月10日)
ノイズ対策済み脱着式メッシュケーブル採用
ASCII.jp:知ったかできるパーツ基礎知識【ケース、電源、クーラー編】 (4/6)|アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2010 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010年4月22日)
ただし注意が必要なのは、ケーブル本数が少なくなったとしても、中には接続したケーブルが非常に硬い製品(電磁波対策のメッシュケーブル等)があり、ケース内配線に苦労することがある。
電源ユニットのケーブルがメッシュケーブルだと、電磁波を遮断しノイズを防ぐメリットがあるようですが、ケーブルが硬くて配線しにくいデメリットがあるようです。

逆にメッシュケーブルではないと電磁波によるノイズの影響を受けやすいデメリットがあり、ケーブルが柔らかく配線しやすいメリットがあると考えられます。

電源ユニットによっては、メッシュケーブルを採用していません。電源ユニットのケーブルは交換できる場合があり、交換用のケーブルにはメッシュケーブルではないケーブルがあります。

メッシュケーブルを使っていない人は多いと思いますが、メッシュケーブルを使わないことが原因と見られるトラブルに関する情報はインターネット上に見られず、メッシュケーブルではなくても気にする必要はないと考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)