RAID - ノートパソコンの選び方

最終更新日 2019年05月20日

RAID とは

データの読み書き速度の向上、データの安全性の向上を実現する

RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)は、複数のストレージを利用して、データの読み書き速度の向上、データの安全性の向上を実現するために使われる技術です。

データの読み書き速度を向上させる場合は、データを複数のストレージに分散させて書き込み、必要に応じて書き込んだデータを読み込みます。例えば、ストレージ1台だと2回の書き込み処理が発生するデータの場合、RAID によりストレージ2台に分けてデータを書き込めば、1回の書き込み処理で済み、理論上は書き込み速度が2倍になります。

データの安全性を向上させる場合は、データを複数のストレージに同じように書き込みます。例えば、RAID によりストレージ2台に同じデータを書き込んでおけば、片方が故障しても、もう片方からデータを読み込めますので、両方故障しなければデータを失わずに済みます。

RAID レベル一覧

RAID 構築に必要なストレージの数、データの読み書き速度の向上を実現するのか、データの安全性の向上を実現するのか、両者共に実現するのかは、RAID のレベルによって決まります。

主な RAID レベルの特徴は、RAID レベルの違いにて掲載しています。

RAID の選び方

小型ノートパソコンでは、RAID 構築は難しい

RAID を利用するには、最低2台のストレージが必要です。小型ノートパソコンは、内部スペースが狭く、複数のストレージの搭載ができないため、RAID 構築は難しいです。

RAID 構築ノートパソコンは少ない

RAID を利用するには、複数のストレージを搭載可能であるサイズが大きめのノートパソコンに絞って選ぶ必要がありますが、それでも RAID 構築ノートパソコンは少ないです。そのため、RAID 構築ノートパソコンを探すのに苦労します。

BTO カスタマイズで RAID 構築の選択が可能なノートパソコンもありますが、このようなノートパソコンも少ないです。

RAID 構築ノートパソコンが少ないのは、家庭用途では RAID を利用する必要性が低く、需要が少ないためと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・19周年記念セール
クーポン利用で17〜23%OFF等の10大特典
(5月29日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(7月10日迄)

ノートパソコンの選び方



コラム - ノートパソコン

コラム - ノートパソコンのサイズ

コラム - ストレージ

ノートパソコンQ&A

マウスコンピューター/G-Tune