サイズ - ノートパソコンの選び方

最終更新日 2020年10月29日

ノートパソコンの本体サイズと画面サイズ

ノートパソコンの本体サイズは、ほぼ液晶ディスプレイの画面サイズで決まります。ノートパソコンの本体サイズを選ぶことは、画面サイズを選ぶことです。

厳密には同じ画面サイズでもノートパソコン本体の幅や奥行きや高さ(厚さ)が違いますが、大きな違いはありません。

まずはどの画面サイズを選ぶか決め、後に幅や奥行きや高さ(厚さ)に注目して選ぶと良いです。

狭額縁ノートパソコン

液晶ディスプレイ周囲の枠が狭いノートパソコンを、狭額縁ノートパソコンと呼びます。

画面サイズが同じ条件で比較すると、狭額縁ノートパソコンの方が幅や奥行きが短いです。

できるだけ幅や奥行きが短いノートパソコンを選びたい場合、狭額縁ノートパソコンを選ぶと良いです。

狭額縁ノートパソコンには、隣に別の液晶ディスプレイ並べて見る場合に枠が狭いので枠が気になりにくい等のメリットがありますが、幅や奥行きが短くなるというメリットも含めて大きなメリットではありません。

狭額縁ノートパソコンには、強度が落ちている心配や不安がある、無線LANアンテナの感度が落ちることがある、以上のデメリットがありますが、大きなデメリットではありません。

狭額縁ノートパソコン、狭額縁ではないノートパソコン、どちらを選んでも良いです。

据え置きノートパソコンとモバイルノートパソコン

据え置きノートパソコンとは、画面サイズが15インチ型以上のノートパソコンです。サイズが大きくて重く持ち運びに苦労しますので、外出先に持ち運ばず自宅等の室内に限り使用するのに向いています。

モバイルノートパソコンとは、画面サイズが14インチ型以下のノートパソコンです。サイズが小さくて軽く持ち運びしやすいので、外出先に持ち運び使用するのに向いています。

15インチ型以上 据え置きノートパソコン
14インチ型以下 モバイルノートパソコン

原則的にノートパソコンを外に持ち出して使うことがなければ据え置きノートパソコンを選ぶと良く、外に持ち出して使うことがあるならモバイルノートパソコンを選ぶと良いです。

A4サイズ、B5サイズ、モバイルサイズ

今では見られなくなりましたが、昔はノートパソコンのサイズはA4サイズ、B5サイズ、モバイルサイズに分けられていました。画面サイズだと、15インチ型以上がA4サイズ、12〜14インチ型がB5サイズ、11インチ型以下がモバイルサイズです。

先にノートパソコンのサイズを据え置きノートパソコンとモバイルノートパソコンに分けましたが、B5サイズとモバイルサイズは別物と認識した方が良いので、以降ではA4サイズ、B5サイズ、モバイルサイズに分けます。以下は、各サイズの特徴です。

サイズ 特徴
A4サイズ
(15インチ型以上)
・大きくて重く持ち運びにくい
・画面とキーボードが広いので使いやすい
・性能が高いモデルがある
・バッテリー駆動時間が短いモデルしかない
・室内でほぼ固定して使用するのに向いている
B5サイズ
(12〜14インチ型)
・A4サイズとモバイルサイズの中間的立場にあり、持ち運びしやすさ、使いやすさ、性能のバランスに優れている
・バッテリー駆動時間が長いモデルが多い
・室内でも外出先でも使用したい方に向いている
モバイルサイズ
(11インチ型以下)
・小さくて軽く持ち運びやすい
・画面とキーボードが狭いので使いにくい
・性能を犠牲に小型化と軽量化を実現しているため、性能が低いモデルしかない
・バッテリー駆動時間が長いモデルが多い
・外出先で使用したい方に向いている

ノートパソコンのサイズと用紙サイズ

ノートパソコンのA4サイズやB5サイズは、それぞれ省略せずに言うとA4ファイルサイズ、B5ファイルサイズです。用紙サイズのA4サイズ、B5サイズではありません。

用紙サイズのA4サイズが収納できるバッグやケース等にノートパソコンを入れたい場合、ノートパソコンのサイズだとA4サイズではなくB5サイズが選択の目安です。

B5サイズのノートパソコンの幅と奥行きは用紙サイズのA4サイズと同じくらいであり、バッグやケースに入らず困るリスクを抑えられ、A4サイズの書類等と重ねて持ち運びしやすく、画面サイズやキーボード面積は使いにくいほど狭くはなく人によっては丁度いいと感じるくらいであり、持ち運びしやすさと使いやすさを両立したノートパソコンです。

B5サイズのノートパソコンの画面サイズは12〜14インチ型ですが、画面サイズが14インチ型だと用紙サイズのA4サイズよりも大きい可能性が高く、画面サイズ12〜13インチ型だと用紙サイズのA4サイズと同じくらいです。

用紙サイズのA4サイズは297mm×210mmですので、ノートパソコンの仕様等に記載されている外形寸法と比べてみると良いです。

ノートパソコンのサイズと使用用途

ノートパソコンサイズは、自分の使用用途に合わせて決めると良いです。例えば、ノートパソコンを外に持ち出して使うことがあるなら、サイズが小さいノートパソコンがおすすめです。

携帯性を重視して小さいサイズのノートパソコンを選ぶと使いやすさや性能が劣りますが、使いやすさや性能を重視して大きいサイズのノートパソコンを選んでしまうと携帯性が損なわれ持ち運びしにくいです。

ノートパソコンのサイズと外出先への持ち運び

ノートパソコンを外出先に持ち運ぶならB5サイズかモバイルサイズがおすすめです。A4サイズでも外出先に持ち運べないわけではありませんが、サイズが大きくて重く持ち運びにくく、バッテリー駆動時間が短いモデルしかありません。

例えば、ノートパソコンの持ち運びには主に車を使用し、外出先でも電源コンセントがある環境で使用するなら、A4サイズを選ぶのもありです。

ノートパソコンを外出先に持ち運ばないなら、A4サイズかB5サイズがおすすめです。モバイルサイズは画面とキーボードが狭いので使いにくく、性能が低いモデルしかありませんのでおすすめできません。

ノートパソコンに外付け液晶ディスプレイと外付けキーボードを接続して使えばモバイルサイズでも使いやすくなり、低性能でも問題なければモバイルサイズを選ぶのもありですが、そこまでして使うならデスクトップパソコンを選ぶと良いです。

用途 おすすめサイズ
外出先に持ち運ぶ B5サイズ、モバイルサイズ
外出先に持ち運ばない A4サイズ、B5サイズ

ノートパソコンのサイズと室内限定使用

ノートパソコンを外出先に持ち運ばないなら、画面が広い方が見やすくキーボードが広い方が打ちやすいため、できる限りサイズが大きいノートパソコンを選ぶ方が良くA4サイズで決まりと言えますが、室内での使い方次第ではB5サイズがおすすめです。

例えば、無線LAN環境を構築し自分の部屋に限らずリビングやベランダ等においてノートパソコンをワイヤレスで使いたければ、バッテリー駆動時間が長いモデルが多いB5サイズがおすすめです。B5サイズであれば小さくて軽いので、膝の上に置いて使ったり床の上に置いて寝転がりながら使ったりしやすいです。

B5サイズだと画面とキーボードが狭くなりますが、使いにくいほど狭くはありません。

ノートパソコンのサイズと、室内と室外での使用

ノートパソコンを室内に限らず外出先に持ち運びして室外でも使う場合、B5サイズよりもモバイルサイズの方が小さくて軽いので持ち運びしやすいですが、モバイルサイズだと画面とキーボードが狭く使いにくいので、使いやすさも考慮してB5サイズを選ぶのがおすすめです。

できるだけサイズが小さいノートパソコンが良ければ、モバイルサイズを選ぶと良いです。例えば、片手にノートパソコンを持ち、もう片方の手で操作することがあるなら、モバイルサイズを選ぶと良いです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で17〜30%OFF等の11大特典
(12月2日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(1月27日迄)

ノートパソコンの選び方



コラム - ノートパソコン

コラム - ノートパソコンのサイズ

ノートパソコンQ&A

デル株式会社