SSDのデータバッファリングとは?

最終更新日 2019年05月20日

SSD のデータバッファリングとは何か

サーバ(Dell PowerEdge)およびストレージに関するデルのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)のFAQ | Dell 日本 には、以下のとおり書かれています。
データバッファリングとキャッシュ: デルのSSDドライブは、書き込み増幅係数を制限するために、データバッファリング用にDRAMを使用してキャッシングし、過剰な書き込みによるセルの損傷を回避します。
SSD にはセルと呼ばれるデータ保存場所がありますが、セルは書き込みにより劣化し寿命を迎えます。

データバッファリングとは SSD 内部の DRAM に書き込みデータを一時的に保存し、セルの書き込みによる劣化を抑えることのようです。

DRAM へ一時的に保存したデータが溜まったら、できるだけ書き込み回数が少なくなるようにセルへ書き込むと考えられます。

SSDの耐久性 - HP.com には、以下のとおり書かれています。
このRAMは、複数の短い書き込みをまとめて、NANDへ送信する1つの大きな書き込みにするために使用されます。 これにより、NANDへの書き込みの回数が最小化され、ドライブのパフォーマンスも向上します。 このプロセスは、「ライトコアレッシング」と呼ばれます。

外部RAMにはもう1つ、同じセクターへの複数の連続した書き込みを、データがNANDに置かれる最終「バージョン(形態)」になるまでフラッシュに実際に書き込まずにバッファするという機能があります。 ホストから見ると、このデータはドライブ上の同じ位置に繰り返し書き込まれています。 実際には、ホストはRAMに対して書き込みを繰り返し行っています。 このモードでは、1つのセクターへの数百の書き込みを、NANDへの書き込み1回だけにすることができます。
NAND とは、NAND 型フラッシュメモリーのことです。多数のセルが集まった NAND への書き込み回数が最小化されるということは、セルの書き込みによる劣化を抑えられるということです。

データバッファリングには、他にもパフォーマンスを向上させる効果もあるようです。RAM よりも NAND の方が書き込みにかかる時間が長く、NAND への書き込み回数が減ることで書き込み速度が向上すると考えられます。

・SSD のデータバッファリングとは、書き込みデータを RAM へまとめてからフラッシュメモリーへ書き込むことで、書き込み速度の向上とセルの劣化の抑制を実現させること


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定セール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月25日迄)
DELL
・オンラインビッグセール
半期に一度!ALIENWARE&Dell Gシリーズ、クーポンで全品20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・消費税増税目前カウントダウンセール!
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(9月30日迄)
パソコン工房
・駆けこみ半期決算セール 第1弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(9月17日迄)