SSDのNCQ

最終更新日 2023年09月07日

SSDのNCQとは

基礎

SSDのNCQとはNative Command Queuingの略で、SSDのデータ読み書き速度が向上する機能です。NCQ登場当初はHDD用の機能でしたが、SSDでも使用可能になりました。

コマンドを並べ替える

SSDに対しデータ読み書きの実行を命令するコマンドを送ります。SSDのコントローラーがコマンドをキュー(待ち行列)に保持します。NCQではキューに保持したコマンドを解析し、最も効率が高い順番にコマンドを並べ替えます。並べ替えないよりも効率が高いのでデータ読み書き速度が向上します。

HDDよりも効果が大きい

SSDでは内部に多数あるフラッシュメモリーに対し並列アクセスすると速度が向上します。NQCが並列アクセス数が多くなるようにコマンドを並べ替えます。並列アクセス数が増えてデータ読み書き回数が少なくなり速度が向上します。HDDよりもNCQの効果が大きく、体感できるほど速度が向上します。一般的な用途ではランダムアクセスが多く発生します。NCQによってこの速度も大きく向上します。OS、アプリケーションの動作速度が向上する等、効果を体感できます。

NCQ使用要件

SSDでNCQを使用するには、SSDに限らずマザーボードもNCQに対応している必要があります。NCQを使用する場合、マザーボードがAHCIモードにしている必要があります。IDEモードではNCQを使用できません。どちらのモードかBIOSで確認できます。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・初夏セール
最大45,000円OFF!!
(5月22日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大15%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・5月の超おすすめ!ピックアップ
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコン等を用意
(キャンペーン実施中)