PCゲーム用にパソコンを選ぶならタワー型が最適な理由

最終更新日 2018年03月05日

タワー型はPCゲームにとって最も重要なビデオカードを搭載できる

タワー型を第一の選択肢に

パソコンは、大まかにデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットPCに分けることができます。

デスクトップパソコンには様々なタイプが存在し、タワー型、省スペース型、キューブ型、コンパクト型、スティック型、一体型があります。ノートパソコンのタイプには、据え置きノートパソコンとモバイルノートパソコンがあります。

PCゲーム用にパソコンを選ぶ場合これらの中から選ぶ必要がありますが、デスクトップパソコンのタワー型を第一の選択肢とすると良いです。

基本的にPCゲームは高いグラフィックス性能がないと快適にプレイできません。パソコンに高いグラフィックス性能を持たせるためにはビデオカードが必要であり、タワー型ならビデオカードを搭載できます。

省スペース型とキューブ型もビデオカードを搭載できるが

タワー型に限らず省スペース型とキューブ型もビデオカードを搭載できます。しかし、省スペース型は基本的にサイズが大きいビデオカードを搭載できず、ロープロファイル対応ビデオカードと呼ばれるサイズが小さいビデオカードしか搭載できません。サイズが小さいビデオカードはサイズが大きいビデオカードよりもグラフィックス性能が低く、PCゲームに向いていません。

省スペース型によっては内部構造を工夫してサイズが大きいビデオカードを搭載できるようになっていますが、ビデオカードはグラフィックス性能が高いほどサイズが大きく、サイズが大きいビデオカードの搭載は難しいです。

省スペース型では比較的高い方のグラフィックス性能を持つサイズが大きいビデオカードをパソコン本体に収めることは難しく、収めることができたとしても発熱量の問題が出てくれば搭載できません。

キューブ型はPCケースのサイズが比較的大きいモデルであればサイズが大きいビデオカードを搭載できますが、キューブ型はタワー型よりも内部スペースが狭いものですので、省スペース型と同様な理由により比較的高い方のグラフィックス性能を持つサイズが大きいビデオカードを搭載することは難しいです。

タワー型はパソコン本体のサイズが大きく内部スペースが広いので、比較的高い方のグラフィックス性能を持つサイズが大きいビデオカードでも搭載できます。

ただし、タワー型のPCケースはミニタワー、ミドルタワー、フルタワーに分けることができますが、ミニタワーだと比較的高い方のグラフィックス性能を持つサイズが大きいビデオカードを搭載できないことがあります。ミドルタワーならビデオカードのサイズが大きすぎて搭載できないことを心配する必要はまずありません。フルタワーはサーバー向けでありPCゲーム用に選ぶものではありません。

PCゲーム用にタワー型を選ぶと予算を抑えられる

自分がプレイしたいPCゲームを快適にプレイできる性能があるなら、タワー型以外を選んでも問題ありません。省スペース型やキューブ型でも自分がプレイしたいPCゲームを快適にプレイできるグラフィックス性能があるなら、省スペース型やキューブ型を選ぶのもありです。

マザーボードに直接実装されるモバイルパソコン向けビデオチップ(GPU)や、CPU に統合されているビデオチップのグラフィックス性能でも自分がプレイしたいPCゲームを快適にプレイできるならビデオカードにこだわる必要がなくなり、コンパクト型、スティック型、一体型、据え置きノートパソコン、モバイルノートパソコン、タブレットPCも選択肢に入れることができます。

しかし、コストパフォーマンスを考慮するとタワー型以外を選ぶことはおすすめできません。同じくらいの性能で比較するとコストパフォーマンスが高いほど価格が安く、コストパフォーマンスが低いほど価格が高くなりますが、タワー型は最もコストパフォーマンスが高いのでタワー型を選ぶ方が予算を抑えられます。

省スペース型やキューブ型ならそこまでコストパフォーマンスが低くはありませんが、他はコストパフォーマンスが低いです。

例えば、モバイルパソコン向けビデオチップのグラフィックス性能が技術進歩により向上した結果、PCゲーム向けの据え置きノートパソコンが増えてきましたが、据え置きノートパソコンはコストパフォーマンスが低いです。

据え置きノートパソコンのグラフィックス性能で十分だとしても、同じくらいのグラフィックス性能を持つタワー型の方が圧倒的に価格が安いです。

どうしても据え置きノートパソコンでなければだめなら話は別ですが、PCゲーム用にパソコンを安く買いたいならタワー型を選ぶことが最適です。

PCゲーム用にタワー型を選ぶと長く使える

PCゲーム用にパソコンを購入後、数年も経ってくるとグラフィックス性能が足りなくて買い替えたくなることがあります。タワー型ならパソコンを買い替えずにビデオカードを交換してグラフィックス性能を向上させることができます。

省スペース型やキューブ型でもビデオカードを交換できますが、パソコン購入後にビデオカードを交換する可能性を考慮するならタワー型を選ぶ方が良いです。

タワー型はパソコン本体のサイズが大きく内部スペースが広いので、ビデオカードのサイズが大きすぎて搭載できないリスクが最も低いだけでなく、ビデオカードの交換作業をしやすいです。

タワー型はビデオカード以外のPCパーツも交換作業をしやすいので、故障したら自分でPCパーツを交換して修理することができます。メーカー保証が切れてしまうとパソコンの修理料金は高額であり修理に出すことは現実的ではありません。

全てのPCパーツが交換しやすいわけではなく、故障しているPCパーツを特定する難しさがありますが、タワー型なら故障が発生しても自分で修理して長く使い続けられます。

例えば、メーカー保証が1年のパソコン購入後、2〜3年経過後にストレージが故障してしまった場合、まだまだ現役で使える性能があるなら自分でストレージを交換して修理すれば安く済み、さらに使い続けることができます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・秋の売れ筋パソコン特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・シルバーウィークセール
XPSノートや人気の商品が最大20%オフクーポンでお得
(9月25日迄)
ドスパラ
・オータムセール
ハイエンドゲーミングPCが最大35,000円引き
(9月27日迄)
パソコン工房
・半期に一度の決算SALE
BTOパソコンを大幅プライスダウン
(10月1日迄)