RAID レベルの違い - ストレージ

最終更新日 2018年03月09日

各 RAID レベルの特徴

ここでは、主に利用される RAID レベルの特徴を記載しています。主に利用される RAID レベルには、RAID0、RAID1、RAID5、RAID6、RAID10(RAID0+1)があります。

RAID0

複数のストレージに分けてデータを記録します。複数のストレージに対し同時にデータ読み書きしますので、データの読み書き速度の向上が可能ですが、データの安全性の向上にはなりません。

複数のストレージにデータ読み書きし高速化することをストライピングと呼びます。ストライピングは RAID0 だけでなく、後に記載する RAID10(RAID0+1)も、RAID0 と RAID1 を組み合わせたものなので明らかですがストライピングを行います。

RAID1

複数のストレージに同じデータを記録します。どれかのストレージが故障してもデータを保護できます。普通2台のストレージに同じデータを記録します。使用できるストレージ容量が半分になりますが、データの安全性の向上が可能です。

複数のストレージに同じデータを書き込むことをミラーリングと呼びます。RAID10(RAID0+1)も RAID0 と RAID1 を組み合わせたものなのでミラーリングを行います。RAID 以外でも例えばパソコンのストレージとクラウドストレージへ同じデータを書き込むこと等もミラーリングです。

RAID5

複数のストレージに分けてデータとエラーを訂正するための情報パリティを記録します。パリティに使用する容量はストレージ1台分となります。どれか1台のストレージが壊れても他のストレージに記録されたパリティよりデータを復旧できます。

RAID5 設定を利用するには3台以上のストレージが必要です。

RAID6

RAID5 と似ていますが、データとエラーを訂正するための情報パリティの記録容量がストレージ2台分となります。どれか2台のストレージが壊れても他のストレージに記録されたパリティよりデータを復旧できます。

RAID6 設定を利用するには4台以上のストレージが必要です。

RAID10(RAID0+1)

RAID0 と RAID1 を組み合わせた記録方式です。例えば4台のストレージがあるとして、2台ずづ分けAとBのグループに分けるとします。

AとBそれぞに RAID0 としてデータが記録されます。AとBそれぞれに同じデータが保存されているためどちらかが故障してもデータは保護されます。RAID10 設定を利用するには4台以上のストレージが必要です。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で17〜23%OFF等の10大特典
(4月25日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/C1 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で23%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/C1 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で30%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WAA/B3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(6月12日迄)