ストレージのデータの自然蒸発

最終更新日 2023年09月07日

ストレージのデータの自然蒸発とは

基礎

ストレージのデータの自然蒸発とは、ストレージのデータがいつの間にかひとりでに消えることです。

データが自然蒸発するストレージ

記憶媒体にフラッシュメモリーを使用するストレージの場合、データが自然蒸発します。SSD、メモリーカード、USBメモリー等が記憶媒体にフラッシュメモリーを使用するストレージです。

データの自然蒸発に注意が必要な使い方

ストレージにデータを保存したまま放置したり、ストレージにデータを保存してからデータ読み出し専用として使用したりする場合、データの自然蒸発に注意が必要です。

データが自然蒸発するまでの期間

ストレージからデータが自然蒸発するまでの期間がわかればよいですが、同じストレージの種類、例えばUSBメモリーに限ってもモデルによって異なります。さらに同じモデルでもフラッシュメモリーの劣化具合、温度等によっても異なります。

極端な例ですが、例えば寿命に近いほど劣化しているメモリーカードを、真夏の直射日光が当たる場所に駐車している自動車の車内に放置した場合、1日でデータが自然蒸発する可能性があります。これも極端な例ですが、新品のSSDにデータを保存し、真夏でも暑くならない等、保管に適切な環境に放置した場合、10年以上はデータが自然蒸発しない可能性があります。

データの自然蒸発を気にせずに保存できるストレージ

データの自然蒸発を気にせずに保存したい場合、HDD、光ディスク(CD、DVD、ブルーレイディスク等)に保存するとよいです。これらもデータが自然蒸発しますが、自然蒸発するまでの期間が長いです。オンラインストレージを利用する方法もあります。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・春のパソコンセール
最大70,000円OFF!!
(4月24日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・WEB開催!スプリングセール
ゲーミング・クリエイター向けパソコンなどをご用意
(4月23日迄)