RAID レベルの選び方 - ストレージ

最終更新日 2018年10月19日

主な RAID レベル一覧

RAID 構成にするには、何台のストレージが必要となるのか、どのようにデータを書き込むかは RAID レベルによって決まります。RAID レベルによって、データの読み書き速度が向上するのか、データの安全性が向上するのか、両方とも向上するのかが決まります。

主な RAID レベルの特徴は、RAID レベルの違いにて掲載しています。

主流は RAID0 か RAID1

RAID の利用が必要となるため、RAID 構築パソコンを選ぶ場合は、RAID レベルに注目して選ぶ必要があります。家庭用途で使われるようなパソコンで見られる RAID レベルは、RAID0 か RAID1 です。

つまり、RAID 構成対応可能なパソコンでは、選べる RAID レベルは基本的に RAID0 か RAID1 です。

RAID5 や RAID6、RAID10(RAID0+1)は必要なストレージ台数が多くなるという理由もありますが、RAID0 と RAID1 以外の RAID レベルは、業務用途向けの本格的な RAID 構成ですのであまり見られません。選べるのは業務用途に適したパソコンに限られます。

読み書き速度の向上を実現するなら RAID0

パソコン使用目的に応じて RAID レベルを選ぶと良いですが、データ読み書き速度を向上させたいなら RAID0 がおすすめです。

パソコン全体で見れば、ストレージの読み書き速度はボトルネックとなる事が多いので、処理速度の向上が望めます。

ただし、どれか1台のストレージが故障したら、RAID 構成にしている全てのストレージに保存されているデータを損失してしまうと認識しておく必要があります。

データ安全性の向上を実現するなら RAID1

データの安全性を向上させたいなら、RAID1 がおすすめです。ただし、ストレージ容量が半分になりますので、容量不足にならないよう注意して選ぶ必要があります。

ストレージ容量が半分になる事を考慮して、ストレージ容量を選ぶ必要があります。例えば、容量 250GB のストレージ2台で RAID1 にすると、使える容量は 500GB の半分 250GB になります。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜23%OFF等の10大特典
(11月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WD1/C2 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で19%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(12月5日迄)