ATX 12V(CPU用4ピン)からEPS 12V(8ピン)へ変換する必要ある?

最終更新日 2018年10月07日

ATX 12V コネクター(CPU 補助コネクター4ピン)から EPS 12V コネクター(CPU 補助コネクタ8ピン)へ変換する必要はあるのか

ATX 12V コネクター(CPU 補助コネクター4ピン)から EPS 12V コネクター(CPU 補助コネクタ8ピン)へ変換するケーブルがあります。

電源ユニット側に ATX 12V コネクター(CPU 補助コネクター4ピン)、マザーボード側に EPS 12V コネクター(CPU 補助コネクタ8ピン)があり、変換して接続する場合に変換ケーブルを使います。

PCが動かない 3/4 | PCトラブルバスターズ!!! | DOS/V POWER REPORT には、以下のとおり書かれています。
マザーボード側にEPS12Vの8ピンコネクタがあり、電源ユニットにはATX12Vの4ピンコネクタしかない場合は挿す位置が決まっている。ツメのあるほうを上に見て、右側の4ピンに挿す。左側には挿せないのでムリに押し込まないように
変換ケーブルを使わなくても接続できるようです。それなら、変換ケーブルを使う必要はない、すなわち変換する必要はないと考えられます。

しかし、EPS 12V コネクター(CPU 補助コネクタ8ピン)は ATX 12V コネクター(CPU 補助コネクター4ピン)よりも出力電力が大きいですが、CPU の消費電力によっては電力不足になる可能性があると考えられます。

その場合は変換ケーブルを使うことで電力不足を解消できるので変換する必要があると考えられますが、変換ケーブルを使うだけで出力電力が大きくなるかどうかは疑問です。

インターネットで変換ケーブルのレビューについて調べてみると、変換ケーブルを使わないと動作が不安定になる等のトラブルが発生したが、変換ケーブルを使ったらトラブルが起きなくなったというユーザーによる報告が見られます。

変換ケーブルを使わなかったら電力不足によりトラブルが発生したが、変換ケーブルを使ったら電力不足が解消したのかは不明ですが、変換ケーブルを使って ATX 12V コネクター(CPU 補助コネクター4ピン)から EPS 12V コネクター(CPU 補助コネクタ8ピン)へ変換すると効果がある場合があるようです。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で11〜23%OFF等の10大特典
(10月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)

EPS 12Vコネクター



デル株式会社