パーティション分割 - 動画編集用パソコンの選び方

最終更新日 2015年11月04日

パーティション分割の選び方

パーティション分割とは

ストレージには、データを保存する領域を分割して、1台のストレージを複数台のストレージのように利用する方法があります。このように分割する事を、パーティション分割と呼びます。

パーティション分割しておくと様々なメリットが生じますが、メリットになるかどうかは人によって異なりますので、まずパーティション分割で生じるメリットを確認し、そのメリットが必要であればパーティション分割ありのパソコンを選ぶと良いです。

パーティション分割無しでも、BTO カスタマイズでパーティション分割できる場合あり

販売されているパソコンには、パーティション分割無しのパソコンもあれば、パーティション分割ありのパソコンもあります。パーティション分割は、3分割以上もできますが、2分割で十分であり、パーティション分割ありのパソコンでは2分割がよく見られます。

パーティション分割無しのパソコンでも、BTO カスタマイズでパーティション分割ありを選べる場合があります。逆にパーティション分割ありのパソコンでも、BTO カスタマイズでパーティション分割無しを選べる場合があります。

パーティション分割は自分でも行う事が可能

パーティション分割は、パソコン購入後に自分で行う事もできます。ただし、パーティション分割に失敗すると OS の起動ができない等の問題が発生するため、自己責任で行う必要があります。

自分でパーティション分割を行う事に不安があるなら、パーティション分割ありのパソコンを選ぶか、パーティション分割無しのパソコンの場合は、BTO カスタマイズでパーティション分割ありを選択しておくのがおすすめです。

ただし、BTO カスタマイズに対応していても、パーティション分割には対応していない場合があります。

パーティション分割のメリット

ストレージの種類には、大きく分けて HDD と SSD があります。パーティション分割すると、HDD にも SSD にも生じるメリットもあれば、HDD には生じて SSD には生じないメリットもあります。

以下は、HDD と SSD それぞれにパーティション分割で生じるメリットです。

HDD SSD
・データの安全性が向上する
・バックアップしやすくなる
・データの断片化を抑制できる
・データの安全性が向上する
・バックアップしやすくなる

データの安全性が向上する

ストレージには OS をインストールしておきますが、何らかの理由で OS に不具合が発生し、OS の再インストールの必要が発生したら OS がインストールされているストレージは初期化されデータが失われてしまいます

パーティション分割し、ストレージを見かけ上複数台存在するようにしておくと、その中の1台に OS をインストールするので、再インストール時は、その1台が初期化対象となります。

例えば、ストレージ1台をパーティション分割で2分割して見かけ上ストレージを2台にし、1台は OS 用、もう1台はデータ用にした場合、OS の再インストール時に OS 用のストレージは初期化されますが、データ用のストレージは初期化されずデータは失われません。

昔よりも OS に不具合が生じる可能性は低くなっており、あまり OS の再インストールの必要が発生する事はありませんが、パーティション分割しておくとデータの安全性が向上しますので、万一の事を考えて動画編集に関わるデータを守るために、パーティション分割はある方がおすすめです。

バックアップしやすくなる

バックアップの仕方は人それぞれですが、ストレージ丸ごと(ドライブ単位)バックアップするなら、パーティション分割しバックアップしたいデータを分けて管理しておくと、バックアップしやすくなります。

例えば、ストレージ1台をパーティション分割で2分割して見かけ上ストレージを2台にし、1台はバックアップ不要のデータ用にし、もう1台はバックアップ必要のデータ用にしておけば、簡単にストレージを丸ごと指定してバックアップできます。もし同じストレージにバックアップ不要のデータや必要のデータが混ざっていると、バックアップしにくいです。

データの断片化を抑制できる

このメリットは、HDD には生じますが SSD には生じません。

ストレージの HDD でデータの保存と削除を繰り返していくと、データの断片化が増えてきます。データの断片化が増えてくると、データの読み書き速度が落ちてきます。パソコンを使用し続けていると動作が遅くなってきたと感じたら、たいていはデータの断片化が原因です。

データの断片化は、そのデータを保存しようとしたストレージで起きますので、例えば、HDD 1台をパーティション分割で2分割して見かけ上 HDD を2台にし、1台はデータの保存と削除が頻繁に行われる OS やソフトウェア関連のデータを保存しておくために使用し、もう1台は動画等の保存と削除を頻繁に行わないデータを保存しておくために使用すれば、後者ではデータの断片化が起こりにくいため、全体で見ればデータの断片化を抑えられます。

SSD では、データの書き込み回数が多くなっていくと劣化していき寿命を迎えますが、特定の領域だけ集中してデータの書き込み回数が多くならないように、パーティション分割されていても全体にわたって書き込み回数が均一になるようにデータを書き込みますので、データの断片化は起こりやすいです。また、SSD はデータの断片化が増えても、データ読み込み速度は特に落ちません。

ストレージ構成を考慮したパーティション分割の選び方

ストレージ1台搭載パソコン

ストレージが1台搭載されているパソコンを選ぶ場合は、その1台が HDD の場合はデータの断片化を抑制できるメリットが大きいので、パーティション分割ありがおすすめです。

1台が SSD の場合は、データの断片化を抑制できるメリットは無く、他のデータの安全性が向上する、バックアップしやすくなるというメリットは小さいので、パーティション分割無しでも良いくらいです。

OS の再インストールの必要が生じる可能性は低いですし、データ管理を上手に行えばパーティション分割しなくてもバックアップしやすいです。

ストレージ2台以上搭載パソコン

ストレージが2台以上搭載されているパソコンを選ぶ場合は、パーティション分割しなくても既にストレージが分かれているので、パーティション分割無しで問題ありません。

ストレージが複数台搭載されていても、その中の1台をパーティション分割して使いたいなら話は別です。

おすすめ動画編集用パソコン販売店

動画編集用パソコンは、自分にとって必要な性能等を見極められるのであれば、各ショップで、一般に市販されている高性能モデルで十分です。ショップによっては、動画編集向けの仕様となっている動画編集用モデルを販売しています。

以下は、おすすめな動画編集用パソコン販売ショップ一覧です。
マウスコンピューター
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している数少ない国内メーカーです。コストパフォーマンスの高さも評価されて、様々な業務現場で採用された実績があります。
Dell
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売している海外メーカーです。世界トップクラスのシェアを獲得しており、国内外の映像・音楽制作の現場でプロのクリエイターにも愛用されています。
ドスパラ
動画編集に適したクリエイターパソコンを販売しているショップブランドです。クリエイターによって使用目的や求めるハードウェア条件が異なる事を考慮した選びやすいラインナップを展開しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・冬のボーナス特集
3万円台からと値段も手頃な下位モデルをご用意、上位モデルも値下げでお買い得
(1月16日迄)
Dell
・新春スーパーセール!
平日(火〜木)限定、お買い得パソコンが送料無料、クーポンで最大9,000円オフ!
(1月19日迄)
ドスパラ
・半期決算売尽し
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(1月31日迄)
パソコン工房
・プレミアムウィンターセール
お買い得なパソコン・PCパーツが勢ぞろい!
(1月31日迄)