パソコンの選び方と買い方

CPU クーラー - ゲーム用デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2015年11月05日

CPU クーラーの選び方

純正クーラー(リテールクーラー)と社外品クーラー

CPU クーラーは、CPU を冷却する PC パーツです。CPU メーカーのインテル社や AMD 社では、基本的に標準で CPU クーラーを付属しており、標準付属する CPU クーラーは純正クーラー(リテールクーラー)と呼ばれます。

一方で社外品クーラーと呼ばれる CPU クーラーもあり、これは CPU メーカーとは別のメーカーが開発し製造した CPU クーラーです。

社外品クーラーは、純正クーラーよりも劣っていたら、わざわざ CPU クーラーを交換する必要が無くなりますので、純正クーラーと差別化を図り、冷却性能か静音性、もしくは両者が優れています。

CPU クーラーに社外品クーラーが搭載されている場合は、仕様に CPU クーラーのメーカー名や型番が記載されている場合が多いですが、特に記載されていない場合は純正クーラーである可能性が高いです。

価格の安さを重視するなら、純正クーラーがおすすめ

デスクトップパソコンには、基本的に純正クーラーが搭載されています。純正クーラーを選べば安く済むため、価格の安さを重視するなら純正クーラーがおすすめです。

純正クーラーは、社外品クーラーよりも劣りますが、純正クーラーでも冷却性能は十分高いです。静音性を高めるためには CPU クーラーのサイズを大きくする必要があり、そうすると内部スペースが狭いデスクトップパソコンでは搭載が難しくなります。そのため、純正クーラーはサイズがあまり大きくならないようにしてあり、静音性が高いとは言い難いです。

社外品クーラーにして冷却性能を高めれば、CPU や CPU 周辺の PC パーツの熱による劣化を抑えられ故障するリスクを多少減らせます。PC ゲームをプレイしていると、CPU には高い負荷がかかり発熱量が大きくなりますので、社外品クーラーを選び冷却性能を高めておく方がおすすめですが、無理に社外品クーラーを選ぶ必要はありません。

社外品クーラーにしておけば熱による故障リスクを減らせますが、CPU クーラー以外の仕様は同じとした純正クーラー搭載デスクトップパソコンと社外品クーラー搭載デスクトップパソコンを同様に使い続けた結果、社外品クーラー搭載デスクトップパソコンの方が先に故障してしまってもおかしくはないです。

また、社外品クーラーにして静音性を高めれば、パソコンの騒音レベルの低下につながりますが、パソコンの騒音レベルを抑えるためには CPU クーラーだけでなく、PC ケースの遮音性やケースファンの音、さらにビデオカードのファンの音や電源ユニットのファンの音等も静音性に優れていないと、パソコンの騒音レベルは低くなりません。

そのため、社外品クーラーにして CPU クーラーの静音性を高めても、パソコンの騒音レベルは大して変わらない場合があります。

冷却性能や静音性を重視するなら、社外品クーラーがおすすめ

冷却性能や静音性を重視するなら、BTO カスタマイズで社外品クーラーへ変更するか、はじめから社外品クーラーが搭載されているデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

社外品クーラーを選べても、デスクトップパソコンの仕様にはメーカー名や型番程度しか記載されていない場合が多いため、CPU クーラーの詳しい仕様は社外品クーラーのメーカーのウェブサイトで調べる必要があります。

CPU クーラーの仕様に騒音レベルが記載されていれば静音性の高さは判断できますが、冷却性能は実際に使ってみないと分からないところです。レビューを実施し冷却性能に関する情報を公表しているウェブサイトがあれば、冷却性能について調べられますが、純正クーラーよりは冷却性能が高いと期待できますので、冷却性能について気にせずに選ぶのも手です。

純正クーラー 価格の安さを重視する方におすすめ
社外品クーラー 静音性や冷却性能を重視する方におすすめ

社外品クーラーの選び方

空冷式 CPU クーラーと水冷式 CPU クーラー

社外品クーラーには、空冷式 CPU クーラーと水冷式 CPU クーラーがあります。

空冷式 CPU クーラーは、ファンの力で CPU を冷やします。水冷式 CPU クーラーは、冷却液で CPU を冷やし、冷却液はラジエーターでファンの力で冷やします。

主流は空冷式 CPU クーラーですが、BTO カスタマイズで水冷式 CPU クーラーを選べる場合もあれば、はじめから水冷式 CPU クーラーが搭載されているデスクトップパソコンもあります。

水冷式 CPU クーラーのメリット、デメリット

基本的に水冷式 CPU クーラーの方が冷却性能と静音性に優れていますが、メリットばかりではなくデメリットもあります。以下は、水冷式 CPU クーラーのメリットとデメリットです。

水冷式 CPU クーラーのメリット
動作音が静か 静音重視の空冷式 CPU クーラーと静音重視ではない水冷式 CPU クーラーを比べたら、水冷式 CPU クーラーの方が騒音レベルが高い場合があります。
冷却性能が高い 冷却性能に関しても同様に、冷却性能が高い空冷式 CPU クーラーと冷却性能が低い水冷式 CPU クーラーを比べたら、空冷式 CPU クーラーの方が冷却性能が高い場合があります。
内部スペースを
有効活用しやすい
CPU と接して設置される熱吸収装置はサイズは小さいため、CPU 周辺の PC パーツと干渉が起きにくいです。ただし、冷却液を冷やすラジエーターは CPU と離して設置可能ですが、ラジエーターのサイズが大きいと設置場所によっては他の PC パーツと干渉が起きやすいです。

水冷式 CPU クーラーのデメリット
定期的に冷却液の
補充が必要
(メンテナンスフリー
であれば不要)

水冷式 CPU クーラーは密閉度が高いため、問題が無ければ水漏れはしませんが、完全密閉ではありませんので微量ですが蒸発した冷却液は漏れていきます。そのため、定期的に冷却水の補充が必要になります。

と言っても冷却水の減り具合は遅いため、数年間は冷却水の補充をする事無く使用し続けられます。また、メンテナンスフリーの水冷式 CPU クーラーであれば、可能な限り蒸発した冷却液の漏れが抑えられていますので、実質冷却水の補充が必要ありません。

水漏れ事故の
リスクがある
どんな製品にも 100% の安全はありませんので、水冷式 CPU クーラーは水漏れ事故のリスクがあります。例えば、ポンプが不良品で劣化に弱くなっている事が原因で水漏れが生じる場合があります。水冷式 CPU クーラーには様々なメリットがありますが、水漏れ事故のリスクを承知した上で使用する必要があります。
コストパフォーマンスが
悪い
水冷式 CPU クーラーの方がコストがかかり、普及していないため大量生産によるコスト削減が難しい事もあり、ほぼ同じ静音性や冷却性能で空冷式 CPU クーラーと比較するとコストパフォーマンスが悪いです。

できるだけ冷却性能と静音性を高めたいなら、水冷式 CPU クーラーがおすすめですが、そうではない場合は空冷式 CPU クーラーで十分です。良い空冷式 CPU クーラーであれば、冷却性能と静音性はかなり高いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
訳あり特価品コーナー icon
旧型モデルを特別価格でご提供!
(在庫限り)
Dell
・冬の在庫一掃セール!
週末(金〜月)限定、クーポンでさらに最大17%オフ!
(2月20日迄)
ドスパラ
・パラダイスセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(2月28日迄)
パソコン工房
・ホワイトバザール
今だけBTOパソコン・PCパーツ・雑貨アイテムが大特価!
(2月28日迄)




コラム - ゲームパソコン