パソコンの選び方と買い方

CPU - ゲームパソコンの選び方

最終更新日 2017年04月01日

PC ゲームに適したビデオチップを選んでから CPU を選ぶのがおすすめ

PC ゲームのプレイにパソコンを使用する場合、重要になってくるのは CPU の性能とビデオチップの性能ですが、特に重要なのが後者のビデオチップの性能です。CPU の性能が十分高くても、ビデオチップの性能が不足すると PC ゲームを快適にプレイできません。

ビデオチップは、CPU の性能が不足すると本来のグラフィックス性能を発揮できません。つまり、ビデオチップによって必要な CPU の性能が異なり、ビデオチップの性能が高いほど、必要な CPU の性能が高くなります。

そのため、ビデオチップを選んだ後は、選んだビデオチップの性能を考慮して適切な CPU を選ぶ必要があります。先に CPU を選んでも、後に選択したビデオチップにとって CPU の性能が不足することがわかれば、CPU を選びなおす必要がありますので、まずはビデオチップを選び、その後に CPU を選ぶ方が良いです。

BTO カスタマイズしないなら、自動的に適切な CPU が選ばれる

メーカーやショップブランドが販売しているモデルには、搭載ビデオチップの性能に合わせて、ビデオチップの足を引っ張らないよう適切な性能を持つ CPU が搭載されています。

搭載ビデオチップが発揮するグラフィックス性能に支障をきたすほどの低性能 CPU を搭載するモデルは、見られません。そのため、ビデオチップに注目してモデルを選んだら、適切な CPU が選ばれていると判断しても問題ありません。

そのため、ビデオチップを選んだら CPU については特に気にしなくても問題ありませんが、CPU の性能に特化し搭載ビデオチップにとっては必要以上に性能が高い CPU が搭載されているモデルも見られます。

CPU 性能に余裕が出ますので良い事ではありますが、予算を抑えて購入するなら必要以上に高い性能を持つ CPU が搭載されているのではないか判断するために、同じビデオチップが搭載されている他のモデルと比べてみると良いです。

BTO カスタマイズで CPU やビデオチップを変更するなら、CPU の性能不足にならないよう注意

BTO カスタマイズに対応しており CPU やビデオチップの変更が可能な場合、BTO カスタマイズで性能が低い CPU へ選びなおす、または性能が高いビデオチップへ選びなおすと、ビデオチップが本来のグラフィックス性能を発揮できない組み合わせとなることがあります。

このような組み合わせにならないよう BTO カスタマイズの自由度を抑えているメーカーやショップブランドが多いですが、ビデオチップが発揮するグラフィックス性能を大きく下げるような CPU との組み合わせが発生しうるほど BTO カスタマイズの自由度が高いところもあります。

BTO カスタマイズで、より性能が低い CPU を選べるなら、CPU 分の価格が下がるためパソコンの価格も下がり、予算を抑えることができますが、ビデオチップが発揮するグラフィックス性能が落ちるリスクがある事に注意が必要です。

CPU は技術進歩により性能が随分と向上したこともあり、CPU の性能には結構余裕があるため、多少は CPU の性能を下げる方へ BTO カスタマイズしても問題ありませんが、どこまで下げて大丈夫なのか判断するのは難しいです。予算が厳しい理由が無ければ、性能が低い方の CPU には変更しない方が無難です。

他の使用用途を考慮して CPU の性能に特化するなら、さらに性能が高い CPU を選ぶことを検討すると良いです。例えば、PC ゲームのプレイをしながら録画する等、PC ゲームの他に高い CPU 性能を必要とする作業に同時使用するなら、CPU の性能を上げる方へ BTO カスタマイズすることを検討すると良いです。

PC ゲーム用に CPU を選ぶ場合、インテル社と AMD 社どちらのメーカー製 CPU を選んでも問題ない

パソコンに搭載される CPU は、インテル社と AMD 社が大きなシェアを獲得しており二択となっています。しかし、インテル社が圧倒的なシェアを獲得しており、実質インテル社の CPU 一択に近い状況です。

特にノートパソコンに搭載される CPU ではインテル社の方が圧倒的なシェアを獲得しており、ノートパソコンでは実質インテル社の CPU 一択です。(2017年4月1日時点)

それを反映してか、様々なゲームタイトルの推奨スペックの CPU を見ると、インテル社の CPU のみ記載されている場合が多いです。そのため、AMD 社の CPU だと PC ゲームのプレイに支障をきたすのではと思われるかもしれませんが、そのような事はありません。必要な性能を満たしていれば AMD 社の CPU 搭載パソコンでも、PC ゲームを正常にプレイできます。

詳しくは、 AMD 製 CPU は PC ゲームに適していないのか に記載していますが、プレイしたいゲームタイトルが要求する CPU の性能を満たすなら、AMD 社の CPU を選んでも問題ありません。

一般的に PC ゲームが要求する CPU の性能は高く、インテル社の方が高性能 CPU に強いので、現状は PC ゲーム用にパソコンを選ぶならインテル社の CPU 搭載パソコンを選ばざるをえない状況です。

インテル社 ・シェアが大きく、インテル社 CPU 搭載モデルが多い
・どの PC ゲームの推奨スペックにも、インテル社 CPU が記載されている
AMD 社 ・シェアが小さく、AMD 社 CPU 搭載モデルが少ない
・PC ゲームの推奨スペックに AMD 社 CPU は記載されていない場合が多い

PC ゲームに適したデスクトップパソコン向け CPU

ここでは、CPU のみに注目し、PC ゲームに適している CPU について記載します。まずは、デスクトップパソコン向け CPU からです。

「CPU - デスクトップパソコンの選び方」掲載のデスクトップパソコン向け CPU 製品一覧 にて、比較的新しいデスクトップパソコン向け CPU を掲載しています。

リンク先のデスクトップパソコン向け CPU 製品一覧では、コア数や動作周波数等を考慮し、性能が高い順に CPU を上から並べていますが、あくまで目安です。CPU は製品によって得意な処理が異なり、PC ゲーム内部の処理内容はゲームタイトルによって異なりますので、ゲームタイトル次第では順位が変動する場合があります。

PC ゲームにとって性能が高すぎるフラッグシップクラス

フラッグシップクラスの CPU は、PC ゲームにとって性能が高すぎます。PC ゲームでは CPU よりもビデオチップの性能が重要ですので、ビデオチップを優先して予算をかけるのはもちろんですが、PC ゲームを快適にプレイできるようメインメモリーやストレージにも予算をかけ、それでも予算に余裕があり CPU の性能にこだわるなら、フラッグシップクラスの CPU を選ぶことを検討すると良いです。

PC ゲームにとって無難な選択はハイスペッククラス

ハイスペッククラスの CPU は、あらゆるゲームタイトルを快適にプレイできる十分な性能を持っています。パソコンに高い負荷がかかる PC ゲームをプレイするなら、ハイスペッククラスの CPU を選ぶのが無難です。

ゲームパソコンを予算を抑えて買いたいならスタンダードクラス

予算を抑えるために価格の安さを重視するなら、スタンダードクラスの CPU がおすすめです。さらに価格を安くするためには、エントリークラスの CPU を選ぶ必要がありますが、性能の低さが問題になる可能性が高まりますので、PC ゲームのプレイに使うなら最低でもスタンダードクラスの CPU を選ぶのが望ましいです。

ゲームタイトルによっては、安価なエントリークラスの CPU でも性能は十分ですが、自分がプレイしたい PC ゲームはエントリークラスの CPU で問題なく快適にプレイできると判断できるなら、エントリークラスの CPU を選ぶと良いです。

そうでなければ、スタンダードクラスの CPU は選んでおきたいです。また、自分にとってエントリークラスの CPU で十分であっても、将来プレイしたいゲームタイトルが増える等して、必要な CPU の性能が高くなる可能性を考慮し、スタンダードクラスの CPU を選んでおくのがおすすめです。

PC ゲームに適したモバイルパソコン向け CPU

モバイルパソコン向け CPU は、主にノートパソコンに搭載されますが、一体型等の内部スペースが狭いデスクトップパソコンにも搭載されます。

「CPU - ノートパソコンの選び方」掲載のモバイルパソコン向け CPU 製品(発熱量が大きい)一覧 にて、比較的新しいモバイルパソコン向け CPU(発熱量が大きい)を掲載しています。

発熱量が小さい方は、 「CPU - ノートパソコンの選び方」掲載のモバイルパソコン向け CPU 製品(発熱量が小さい)一覧 にて掲載しています。

モバイルパソコン向け CPU は、全体的に発熱量が抑えられていますが、その中で発熱量が大きい、発熱量が小さいに分けることができます。発熱量が大きい方は、発熱量を抑えながらも性能の高さ重視であり、モバイルパソコン向け CPU の中で発熱量が大きめです。

発熱量が大きい方には、PC ゲームに適している CPU がそろっています。発熱量が小さい方は、性能の高さよりも発熱量の小ささ重視であり、PC ゲームに適していません。発熱量が小さい方は、発熱量を抑えるためにかなり性能が犠牲になっており低いです。

PC ゲーム向けとして販売されているパソコンには、発熱量が小さいモバイルパソコン向け CPU 搭載モデルは見られませんが、他の使用用途向けのパソコンまで選択肢を広げる場合、発熱量が小さいモバイルパソコン向け CPU 搭載モデルが見られますので注意が必要です。

もちろん発熱量が小さい方でも、必要な性能を満たすなら PC ゲームを快適にプレイできますが、PC ゲーム用にパソコンを選ぶなら発熱量が大きい方がおすすめです。

デスクトップパソコン向け CPU の場合は、フラッグシップクラスの CPU は PC ゲームにとって必要以上に性能が高いため選ぶ必要性は低いですが、モバイルパソコン向け CPU の場合は価格の割にはハイスペッククラスの CPU の性能とあまり差はなく、コストパフォーマンスが悪いのでおすすめしづらいです。

CPU の性能にこだわるとしても、ハイスペッククラスの CPU を選ぶのがおすすめです。また、全体的に見てモバイルパソコン向け CPU の性能はデスクトップパソコン向け CPU よりも劣るため、予算を抑えたくてもハイスペッククラスの CPU を選ぶのが無難です。

スタンダードクラスの CPU やエントリークラスの CPU は、自分にとって性能が十分だと明確に判断でき、予算を抑えたいなら選ぶと良いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSDアップグレードキャンペーン
ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です!
(キャンペーン実施中)
Dell
・夏のPC祭り!
すぐに届く即納モデルがお買い得!クーポン&キャッシュオフで15%オフ!
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・ドスパラの夏祭り
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(8月31日迄)
パソコン工房
・夏の大感謝祭
この夏一番の厳選BTOパソコン大売り出し!
(8月29日迄)

ゲームパソコンの選び方



コラム - ゲームパソコン

CPU 性能比較早見表




プロセッサー・ナンバー

モデル・ナンバー