パソコンの選び方と買い方

デスクトップパソコンのタイプ - ゲーム用デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2015年11月05日

デスクトップパソコンのタイプの選び方

デスクトップパソコンのタイプ一覧

デスクトップパソコンは、主にタワー型、省スペース型、キューブ型、コンパクト型、一体型の5つのタイプに分けられます。PC ゲームで重要なのはグラフィックス性能の高さです。

高いグラフィックス性能を持つためには、サイズが大きい高性能ビデオカードが必要のため、サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載できないタイプだと PC ゲームには適していません。

ノートパソコン用の高性能ビデオチップを搭載できれば、高いグラフィックス性能を持てるようになるため、PC ゲームに適していますが、サイズが大きい高性能ビデオカードよりグラフィックス性能が劣ります。

タワー型 ・最も PC ゲームに適しています。
省スペース型 ・サイズが大きい高性能ビデオカードの搭載が難しいため、PC ゲームには適していません。
・内部構造を工夫し、サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載したモデルは PC ゲームに適しています。
キューブ型 ・サイズが大きい高性能ビデオカードの搭載が難しいため、PC ゲームには適していません。
・内部スペースを広くし、サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載したモデルは PC ゲームに適しています。
コンパクト型 ・サイズが大きい高性能ビデオカードの搭載が難しいため、PC ゲームには適していません。
一体型 ・サイズが大きい高性能ビデオカードの搭載が難しいため、PC ゲームには適していません。
・ノートパソコン用の高性能ビデオチップを搭載したモデルは PC ゲームに適しています。

設置スペースを確保できるなら、タワー型がおすすめ

タワー型は、内部スペースが広く冷却性が良いため、高性能な CPU やビデオカードの搭載が可能のため、PC ゲームに最も適しています。タワー型はサイズが大きいですが、設置スペースを確保できるならタワー型がおすすめです。

設置スペースを抑えたいなら、省スペース型がおすすめ

省スペース型は、基本的にサイズが大きい高性能ビデオカードを搭載できません。一部のモデルは、内部構造を工夫してサイズが大きい高性能ビデオカードを搭載していますが、それでも限度がありますので、タワー型でないと搭載できないような大型サイズの高性能ビデオカードは搭載できません。

サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載した省スペース型は少ないですが、必要な性能を満たしていれば、設置スペースを抑えたい場合におすすめです。

少しでも設置スペースを抑えたいなら、キューブ型がおすすめ

キューブ型は、サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載できるかは内部スペースの広さによります。内部スペースが広ければ、サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載できます。

サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載できるほど内部スペースが広いキューブ型であれば、タワー型に近い設置スペースが必要になりますが、少しでも設置スペースは抑えたい方にキューブ型はおすすめです。

コンパクト型は、おすすめできない

コンパクト型は、手のひらサイズの小型デスクトップパソコンのため、サイズが大きい高性能ビデオカードの搭載はまずできません。また、ノートパソコン用の高性能ビデオチップの搭載も難しく、発熱量の小さい低性能 CPU を搭載しているため、PC ゲームには適していません。

設置スペースを抑えたいなら、一体型がおすすめ

一体型は、サイズが大きい高性能ビデオカードの搭載はできませんが、ノートパソコン用の高性能ビデオチップの搭載が可能です。このような一体型は、性能という観点で見ればゲーム用ノートパソコンを選ぶ事とほぼ一緒です。

ノートパソコン用の高性能ビデオチップは、デスクトップパソコンに搭載される高性能ビデオカードよりも性能が劣りますが、パソコン本体と液晶ディスプレイが一体になっており、設置スペースが単独の液晶ディスプレイを設置した場合に占有するスペースとほぼ一緒になるのが大きな特長です。

ノートパソコン用の高性能ビデオチップを搭載した一体型は少ないですが、設置スペースを抑えたい場合はおすすめです。

ビデオカードの性能を考慮したタイプの選び方

ビデオカードは、基本的に性能が高くなるほどサイズが大きくなります。省スペース型やキューブ型でも、サイズが大きいビデオカードは搭載可能ですが、最高クラスの高性能ビデオカードになってくるとサイズが大きすぎて搭載できなくなってきます。

何とか搭載できる内部スペースがあったとしても、省スペース型やキューブ型は内部スペースが狭くて放熱性が悪く、ビデオカードに限らず CPU の温度が上昇し動作が遅くなったり、高温によって劣化が進み寿命が短くなってしまう恐れがあります。

最高クラスの高性能ビデオカードでも搭載可能な内部スペースを確保できれば搭載は不可能ではありませんが、後に熱による問題が起きる可能性が高くなるようであれば、メーカーやショップブランドでは搭載したモデルを販売しません。

そのため、省スペース型やキューブ型では、タワー型には見られるような放熱量が大きい高性能ビデオカード搭載モデルは見られません。

また、SLI や CrossFireX を利用した複数のビデオカード搭載は、省スペース型やキューブ型では難しいです。

そのため、最高クラスの高性能ビデオカード搭載モデルや、複数のビデオカード搭載モデルを購入したい場合は、タワー型を選ぶ必要があります。

液晶モニターを考慮したタイプの選び方

液晶モニターの質を重視するなら、一体型はおすすめではない

パソコン本体と液晶モニターが一体になっている一体型は、設置スペースを抑えたい場合におすすめです。しかし、液晶モニターの質を重視するなら、おすすめではありません。

PC ゲームは、グラフィック演出に凝ったものが多く、美しい景色や迫力ある映像を楽しむためには、液晶モニターの質も重要になってきます。パソコン本体だけでも高価なので、液晶モニターにまでお金をかけるのは難しいところですが、価格が高くてもできるだけ質が高い液晶モニターを用意したいです。

一体型の液晶モニターは、基本的に比較的質が低く価格が安いものです。一体型でも、多少は質が高い液晶モニターも見られます。そのような質が高い液晶モニターは、寿命が続く限り長きに渡って使っていきたいものですが、パソコンを買い替えるなら一体になっている液晶モニターも買い替えとなってしまいます。(一体型に映像入力端子があり、液晶モニター部分のみ電源を入れて画面表示できるなら、外付け液晶モニターとして使う事は可能です。)

そのため、液晶モニターの質を重視するなら、一体型以外のタイプのデスクトップパソコンと外付け液晶モニターをそろえる方がおすすめです。

一体型でも、液晶モニターの質に満足できる可能性は高い

液晶モニターの質は、技術進歩によって全体的に底上げされており、価格が安い液晶モニターでも十分に満足できる質があります。つまり、基本的に比較的質が低く価格が安い液晶モニターが搭載されている一体型でも、液晶モニターの質に満足できる可能性が高いです。

だからと言って、安易に一体型を選ぶのはおすすめできません。どこまで質を求めるかは人それぞれであり、実際に見てみないと質は分からないので、事前に一体型の液晶モニターの質でも満足できるか判断するのは難しいです。

もし液晶モニターの質に満足できなければ、さらなる出費を厭わずに買い替えるつもりなら、一体型以外のタイプを選ぶのがおすすめです。

おすすめタワー型以外のゲーム用デスクトップパソコン販売ショップ

ゲーム用デスクトップパソコンの主流はタワー型であり、タワー型以外のゲーム用デスクトップパソコンを販売しているショップは少ないです。 以下は、数少ないタワー型以外のゲーム用デスクトップパソコンを販売しているおすすめのショップです。
マウスコンピューター
マウスコンピューターは、国内メーカーの中で唯一ゲームパソコンに力を入れているメーカーです。ゲーム用デスクトップパソコンは、タワー型がメインですが、一体型となる NEXTGEAR-ONE io500 シリーズを販売しています。
(2014年11月18日時点)
パソコン工房
パソコン工房は、ゲーム用パソコンに強みを持っていたフェイスの PASSANT シリーズが加わった事により、ゲーム用パソコンのラインナップがさらに強化されたショップブランドです。ゲーム用デスクトップパソコンのメインはタワー型ですが、キューブ型となる GSC プレミアムキューブゲームパソコン、コンパクトキューブゲームパソコン PASSANT CX を販売しています。
(2014年11月18日時点)
Dell
デルは、他メーカーやショップブランドとは一線を画すゲームパソコンを販売している海外メーカーです。ゲーム用デスクトップパソコンでは珍しい省スペース型となる Alienware X51 を販売しています。
(2014年11月18日時点)


キャンペーン情報
マウスコンピューター
訳あり特価品コーナー icon
旧型モデルを特別価格でご提供!
(在庫限り)
Dell
・冬の在庫一掃セール!
週末(金〜月)限定、クーポンでさらに最大17%オフ!
(2月20日迄)
ドスパラ
・パラダイスセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(2月28日迄)
パソコン工房
・ホワイトバザール
今だけBTOパソコン・PCパーツ・雑貨アイテムが大特価!
(2月28日迄)




コラム - ゲームパソコン