パソコンの選び方と買い方

外部インターフェース - ゲーム用デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2017年03月20日

外部インターフェースの選び方

外部インターフェースは、主にパソコン周辺機器と接続するために使われます。パソコンは周辺機器と接続して組み合わせて使用する事で、機能を追加したり、使い方の幅を広げる事ができます。

PC ゲームで主に使われる周辺機器には、キーボードやマウス、コントローラー、液晶ディスプレイ、スピーカー、ヘッドセット等がありますが、どのパソコンにも、これらの周辺機器が接続可能な外部インターフェースがあります。

そのため、外部インターフェースについて気にせずに選んでも問題ありませんが、周辺機器の活用の仕方次第では、各外部インターフェースを重要視して選ぶ必要があります。

PC ゲームで特に重要になのは映像出力端子です。綺麗な映像で PC ゲームを楽しめるようにしたいの他、高解像度やマルチディスプレイ環境で楽しみたいのであれば、映像出力端子に注目して選ぶ必要があります。

デスクトップパソコン一体型やノートパソコンでは、液晶ディスプレイが搭載されているため、映像出力端子が無くても問題はありませんが、映像出力端子があれば、搭載液晶ディスプレイよりも良い液晶ディスプレイを用意して PC ゲームを楽しめます。

映像出力端子の選び方

主な映像出力端子一覧

映像出力端子では、インターフェース規格に注目する必要があります。インターフェース規格によって、映像出力端子の特徴が決まります。

以下は、インターフェース規格ごとに分けて特徴を記載した主な映像出力端子一覧です。

種類 特徴
D-sub 15pin ・アナログ接続なので、デジタル接続と比較すると画質が落ちる。
・アナログ RGB 、または VGA とも呼ばれる。
DVI-D ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・DVI24pin とも呼ばれる。
DVI-I ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。(入力端子 DVI-D に接続する場合。)
・アナログ接続にも対応しているため、変換ケーブルを用いれば、入力端子 D-Sub 15pin と接続可能。(アナログ接続となるため、画質は劣化する。)
・DVI29pin とも呼ばれる。
HDMI ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
DisplayPort ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
・高い解像度での使用も考慮して作られたため、対応可能な解像度の上限が高い。
・デイジーチェーン接続に対応しているため、マルチディスプレイ環境を構築しやすい。

画質を重視しなければ、アナログ接続の D-sub 15pin でも十分ですが、画質を重視するなら他のデジタル接続が可能な映像出力端子があるパソコンを選ぶのが望ましいです。

映像出力端子の数

映像出力端子の数は、サイズが大きいビデオカードが搭載可能なデスクトップパソコンタワー型が多い傾向があります。サイズが大きいビデオカードの搭載が難しい省スペース型やキューブ型、一体型、ノートパソコンだと、映像出力端子の数は少ないです。

もし、マルチディスプレイ構築のために映像出力端子の数が多く必要であれば、デスクトップパソコンタワー型に絞って選ぶと良いです。また、映像出力端子の数と最大同時出力画面数は一致するとは限らない事に注意が必要です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSDアップグレードキャンペーン
選択が標準的となってきたSSD、容量や速度のアップグレード価格を値下げ中です。
(台数限定なくなり次第終了)
Dell
・新生活応援セール!
お得なノート・デスクの特別モデル販売中!週末(金〜月)限定、クーポンでさらに最大15,000円オフ!
(3月27日迄)
ドスパラ
・新生活応援セール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(3月30日迄)
パソコン工房
・半期に一度の決算セール
やってきましたBIGチャンス!半期に一度のお買い得キャンペーン!
(4月4日迄)




コラム - ゲームパソコン

コラム - インターフェース