パソコンの選び方と買い方

光学ドライブ - ゲームパソコンの選び方

最終更新日 2017年04月02日

PC ゲームでも使われなくなってきた光学ドライブ

動画や音楽コンテンツをインターネットで提供するサービスが普及し、またデータの移動に便利な USB メモリーやメモリーカードが普及したため、昔より CD や DVD 等の光ディスクメディアが使われなくなってきています。

PC ゲームでは、昔は光ディスクメディアにインストール用ソフトウェアが入っており、パソコンに搭載されている光学ドライブを使用してインストールを行うものでしたが、インストール用ソフトウェアをダウンロード版としてインターネットで提供する方法が普及し、PC ゲームでも光ディスクメディアが使われなくなってきています。

そのせいか、光学ドライブを搭載できる構造にも関わらず光学ドライブを搭載しないパソコンが増えてきました。PC ゲームに限らず他の使用用途でも光学ドライブが必要でなければ、光学ドライブ非搭載パソコンを選んでも問題ありません。後に必要になっても、外付け光学ドライブを別途で用意してパソコンに接続すれば、光ディスクメディアを使用できるようになります。

光学ドライブが必要なら光学ドライブ搭載パソコンを選ぶ必要がありますが、光学ドライブ非搭載パソコンを選び、外付け光学ドライブを別途で用意するのもありです。外付け光学ドライブであれば、他のパソコンにも簡単に接続して使えます。

PC ゲームでは DVD ドライブがあれば十分

光学ドライブには、主に DVD ドライブと BD ドライブがあります。

DVD ドライブ ・CD の読み込み、書き込みが可能
・DVD の読み込み、書き込みが可能
BD ドライブ ・CD の読み込み、書き込みが可能
・DVD の読み込み、書き込みが可能
・BD の読み込み、書き込みが可能

DVD は読み込めても書き込めない DVD ドライブや、BD は読み込めても書き込めない BD ドライブもあります。そのような DVD ドライブは今では古すぎて普及していませんので、パソコンに搭載されて販売されることはまずありません。

BD は読み込めても書き込めない BD ドライブも古くなり普及していませんが、念のために BD への書き込みもできるのか確認しておくと良いです。

CD や DVD を使用し BD は使用しないのであれば、DVD ドライブで十分です。BD を使用するのであれば、BD ドライブが必要です。

PC ゲームで BD が必要になるかについてですが、最近の PC ゲームのインストール用ソフトウェアは DVD で提供されており、DVD ドライブで十分です。もしかしたら BD で提供しているゲームタイトルもあるかもしれませんが、個人的には見たことありません。

ゲームタイトルによっては映像等が収録された光ディスクメディアが特典として付くことがありますが、これに関しても DVD で提供されており、BD での提供は個人的には見たことありません。

恐らく、BD の普及が十分に進んでいるとは言えない状況のため、PC ゲームでは BD が使われていないと思われます。BD が登場してから結構期間が経ちましたが、BD ドライブが搭載されていないパソコンを使っている人は多いです。

いずれは PC ゲームでも BD が使われるようになるかもしれませんが、その時が来たら外付け BD ドライブを用意すれば済みます。

DVD ドライブが搭載されているなら、自動的に DVD スーパーマルチドライブを選ぶことになる

DVD ドライブには、DVD±R/RW ドライブや DVD マルチドライブ等の種類があり、DVD ドライブの種類によって対応している DVD 規格が異なります。

今では、CD と DVD の全規格に対応した DVD スーパーマルチドライブが普及しており、新しい DVD ドライブ搭載パソコンでは、DVD スーパーマルチドライブ以外は見られません。

そのため、DVD ドライブを選ぶなら、DVD スーパーマルチドライブが搭載されているか念のために確認する程度で十分です。

BD ドライブは、対応規格に違いが見られる

DVD ドライブと比べたら BD ドライブの価格は高いですが、低価格化が進んだため、選びやすくなってきています。

BD の読み込みや書き込み作業を快適に行うには、パソコンに高い性能が求められますが、パソコンの性能は技術進歩により随分と底上げされましたので、最近のパソコンなら低性能モデルでも大丈夫です。

BD ドライブでは、DVD ドライブのように種類で分ける動きは無いため、対応している BD 規格を確認する必要があります。BD ドライブが対応している CD や DVD 規格は、DVD スーパーマルチドライブと一緒で、あらゆる CD と DVD 規格に対応しています。

「内蔵ブルーレイドライブの選び方」掲載の BD 規格一覧 にて、各 BD 規格の特徴を掲載しています。

たいていの BD ドライブは、BD-R LTH TYPE 以外に対応しています。BD-R LTH TYPE が登場した頃は、容量あたりの価格が安いので大きな注目を集めましたが、他の BD 規格の低価格が進み、大幅な容量アップを果たした BD 規格が登場したため、BD-R LTH TYPE を使うメリットは薄れてきています。また、BD-R LTH TYPE は他の BD 規格よりも耐久性が低く、数十年単位での保存に不向きです

そのため、使用することが無ければ、BD-R LTH TYPE に対応していなくても問題ありません。BD-R LTH TYPE を使用したいとしても、BD-R LTH TYPE にも対応した BD ドライブにこだわると選択肢が狭くなるため、BD-R LTH TYPE にも対応した外付け BD ドライブを使用する方法を選ぶ方が良いです。

他の BD 規格に関しても同様です。もし自分が使用したい BD 規格に対応していなければ、無理にパソコンを選びなおすよりは外付け BD ドライブを使うことにするのがおすすめです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・冬のボーナス特集
大人気!おすすめ売れ筋パソコン多数!全モデルカスタマイズ可能!!
(特集実施中)
Dell
・年末大還元!冬のボーナスセール開催!
年末年始特別モデル販売中!最大17%オフクーポンでさらにお得!
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・冬のボーナスセール
人気のゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出!SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など、特典も目白押し!
(12月14日迄)
パソコン工房
・ボーナスセール
特価モデルが続々登場!
(12月26日迄)

ゲームパソコンの選び方



コラム - ゲームパソコン