外付けブルーレイドライブの選び方 - ストレージの選び方

最終更新日 2015年10月21日

外付けブルーレイドライブとは

外付けブルーレイドライブとは、ブルーレイディスク(BD)の読み込みや、書き込みができる機能が付いた、外部接続タイプの光学ドライブです。パソコンとの接続には、USB や eSATA 等の外部インターフェースを用います。

また、多くの外付けブルーレイドライブは、従来使われていた CD や DVD の読み込みや書き込みに対応しています。

接続インターフェースの選び方

USB で接続する製品が主流

多くの外付けブルーレイドライブは、USB 接続に対応しています。どのパソコンにも、USB は必ず付いていますから、USB 対応の外付けブルーレイドライブを選べば問題ありません。

一時、eSATA 接続にも対応した外付けブルーレイドライブが増えました。eSATA が登場した頃は、USB よりも劣る点が幾つかあったものの、データ転送速度で勝っていましたが、後に USB のデータ転送速度が逆転し、eSATA の優位性は無くなってしまったので、外付けブルーレイドライブに限らず eSATA は見られなくなり廃れています。

USB 規格一覧

USB は、幾つかの規格があり、規格によってデータ転送速度が違います。以下は、USB の規格とデータ転送速度一覧です。

種類 データ転送速度
USB1.1 12Mbps
USB2.0 480Mbps
USB3.0 5Gbps
USB3.1(Gen1) 5Gbps
USB3.1(Gen2) 10Gbps

USB1.1 は、古くてデータ転送速度が遅いため時代遅れとなり、外付けブルーレイドライブに限らずパソコンや他の周辺機器でも見られません。

データ読み書き速度を重視するなら USB3.0

ブルーレイディスク自体のデータ転送速度は、データ読み書き速度によって決まってきます。もし、ブルーレイディスクのデータ転送速度が、USB のデータ転送速度を超えたら、本来のブルーレイディスクのデータ転送速度は出せなくなります。

以下は、外付けブルーレイドライブに見られる各データ読み書き速度ごとのブルーレイディスクのデータ転送速度です。

データ読み書き速度 データ転送速度
1倍速 36Mbps
2倍速 72Mbps
4倍速 144Mbps
6倍速 216Mbps
8倍速 288Mbps
12倍速 432Mbps
16倍速 576Mbps

データ読み書き速度が12倍速までなら、USB2.0 の 480Mbps を超えないですが、USB の実効上のデータ転送速度は、理論上のデータ転送速度より遅くなります。どれくらい遅くなるかは、USB に関わるハードウェア次第ですが、約半分程度まで遅くなります。

仮に半分の 240Mbps だとしたら、外付けブルーレイドライブのデータ読み書き速度は、約6.7倍速(240Mbps÷36Mbps)が限界となります。

そのため、大体7倍速程度を目安にして、それ以上のデータ読み書き速度でブルーレイディスクを使いたいのであれば、USB3.0 に対応した外付けブルーレイドライブを選ぶと良いです。

USB3.0 に対応していれば、データ読み書き速度が7倍以上といった速さとは限りませんので、合わせてデータ読み書き速度も確認しておきたいです。

USB は下位互換性あり

USB の各規格は、下位互換性を維持しています。そのため、パソコンと外付けブルーレイドライブの両者で USB 規格が異なっていても、古い(データ転送速度が遅い)方で動作しますので、パソコン側の USB 規格に合わせて選ぶ必要はありません。

また、USB3.0 に対応した外付けブルーレイドライブを USB2.0 で動作させると、データ読み書き速度が落ちる場合があります。例えば、パソコン側が USB2.0、外付けブルーレイドライブ側が USB3.0 の場合、USB2.0 のデータ転送速度で動作しますので、USB3.0 のデータ転送速度のおかげで実現していたデータ読み書き速度では使えなくなります。

対応 BD メディアの確認

選ぶなら最新型

最新型の外付けブルーレイドライブなら、どの製品も対応 BD メディアの内容に、あまり違いがありませんが、BD-R LTH など、新しいタイプの BD メディアには対応していない製品もありますので注意が必要です。特にやや古いタイプだと、新しいタイプの BD メディアに対応していない場合があります。外付けブルーレイドライブは、長期に渡って使っていけますので、多少価格が高くても良いのであれば、あらゆる BD メディアに対応した最新型を選ぶのがおすすめです。

BD-ROM, BD-R/RE, BD-R/RE DL に対応は基本

まず、読み込み可能な BD メディアについてですが、どの外付けブルーレイドライブも、再生専用メディアである BD-ROM に対応しています。これは、映画やミュージック等の映像ソフトで使われています。また、データが書き込まれた BD-R と BD-RE の読み込みについてですが、これについても、多くの外付けブルーレイドライブが対応しています。 しかし、対応していても、ある機器で書き込みを行った BD-R や BD-RE が、読み込めない場合があります。また、BD-R と BD-RE には、2層にして記録容量が2倍の50GBになった BD-R DL や BD-RE DL がありますが、これらについても、多くの外付けブルーレイドライブが対応しています。

書き込み機能が付いた外付けドライブは、幾つかある書き込み専用メディアに対応していないと、書き込みできません。書き込み専用メディアには、BD-R と BD-RE がありますが、書き込み機能が付いた外付けブルーレイドライブなら、たいてい両者に対応しています。また、BD-R と BD-RE の違いについてですが、BD-R は一度しか書き込みできません。BD-RE は、繰り返し書き込みが可能です。また、2層にして記録容量が2倍の50GBになった BD-R DL と BD-RE DL にも対応していれば、これらのメディアにも書き込みが可能です。

BD-R LTH TYPE

他に新しく登場した BD メディアもあり、2008年の春頃に普及し始めた、BD-R LTH TYPE があります。従来の BD-R には、製造に無機色素が使われていましたが、BD-R LTH TYPE には、製造に有機色素が使われており、これにより製造コストが下がり、メディアの価格が安くなっています。この BD-R LTH TYPE に対応していないと、外付けブルーレイドライブは、読み込みできません。また、書き込み機能が付いた外付けブルーレイドライブは、BD-R LTH TYPE に対応していないと、このメディアに書き込みができません。外付けブルーレイドライブに組み込まれたソフトウェア(ファームウェア)の更新によって、BD-R LTH TYPE に対応させる事が可能な場合がありますが、確実に BD-R LTH TYPE を使用したいのであれば、はじめから BD-R LTH TYPE に対応した製品を選ぶのがおすすめです。

BDXL-R

BDXL-R と呼ばれる一度だけ書き込みが可能な記録用メディアが新しく登場しました。これは、記録層を増やし、かつ1層あたりの容量を増やす事により、大幅な容量アップとなっています。容量は、3層であれば100GB、4層であれば128GBとなっています。まだ、メディア単価が高いですが、一枚に大量のデータを保存しておきたい場合は、これに対応した製品を選ぶと良いでしょう。

対応 CD、DVD メディアの確認

書き込み機能の付いた外付けブルーレイドライブなら、ほとんどの製品が、全規格の CD と DVD に対応しています。しかし、DVD-RAM 等の一部のメディアには対応していない場合もありますので、自分が使いたいメディアに対応しているか、確認する必要があります。

パソコンに必要なスペック

ブルーレイディスクの再生や記録には、パソコンに高い負荷がかかるため、パソコンに要求されるスペックが大きいです。製品によって、若干違いはありますが、CPU の目安として、Pentium D 3.2GHz 以上の性能、メインメモリー容量は、1GB 以上が推奨されています。

よって、やや古いパソコンと外付けブルーレイドライブを接続する場合は注意が必要で、スペックが足りず、まともに使えない場合があるので注意が必要です。外付けブルーレイドライブを購入して、パソコンのスペックが足りず使えなくても、将来新しいパソコンに使えるので、購入しても無駄にはなりませんが、まだ外付けブルーレイドライブは、値下げが期待できますので、まだ自分が持っているパソコンでは性能が足りないと判断したら、購入するのは見送るのが無難です。

パソコンと外部ディスプレイをデジタル接続する場合

市販されている、BD に記録された映像ソフトは、著作権保護されていますので、パソコンと外部ディスプレイ(液晶モニター等)を接続して視聴する場合は、両者が著作権保護技術に対応している必要があります。

パソコン本体と外部ディスプレイ(液晶モニター等)を、D-Sub 15pin (アナログRGB)等を使ってアナログ接続して使うのであれば、著作権保護技術に対応している必要はありませんが、画質が落ちますので、BD のメリットが十分活かせません。

パソコン本体と外部ディスプレイとの接続に、デジタル接続の DVI-D (DVI24pin)や DVI-I (DVI29pin)、HDMI を用いる場合、パソコン本体と外部ディスプレイの両方に、HDCP に対応した接続端子が必要です。

よって、外付けブルーレイドライブを使って、BD に記録された映像コンテンツをフルに活かして高画質で楽しみたい場合は、デジタル接続が望ましいですが、HDCP に対応しているか確認する必要があります。

書き込み速度と読み込み速度

CD や DVD に関しては、読み込み速度と書き込み速度ともに、もうこれ以上は伸びなくても十分と言えるほど向上じましたが、BD に関しては、今後の読み込み、書き込み速度の向上が望まれるところです。

できるだけ読み込み、書き込み速度が高い方が、快適に使用できますが、購入時点で、速度が速い製品の方が、若干価格が高いものです。また、やや古い製品は、価格が安いものの、速度が遅いものとなりがちです。

結論とすると、まだ BD の読み込み速度や書き込み速度は、十分な領域に達していないので、少しでも速度が速い新しい製品を選ぶのがおすすめです。


キャンペーン情報
富士通
・新春セール
クーポン利用で15〜28%OFF等の10大特典
(1月17日迄)
アウトレットパソコン icon
旧機種となった未使用・未開封のFMV製品を特別価格でご提供、10,000円OFF等の特典あり
(1月17日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で24%OFF
ESPRIMO WF1/A3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/A3、WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力(CPU:AMD E1、A8チップセット選択時)で26%OFF、「DAG217LSJ」入力(CPU:core i5,core i7選択時)で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/W icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で31%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年2月15日迄)




コラム - 周辺機器