パソコンの選び方と買い方

知っておきたい事 - ゲーム用デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2015年11月05日

PC ゲームの現状

増えるオンライン対応ゲーム

最近 PC ゲームが人気を集め、特にネットで仲間を集めてプレイするオンラインゲームの人気が高く、オンラインゲームでは自宅にいながら遠くにいる人たちとゲームが楽しめるのが特徴です。代表的なオンラインゲームを一つに決めるのが難しいほど、様々なオンラインゲームが登場して発展し、今もオンラインゲームの種類が増えていっています。

2D から 3D へ

PC ゲームは、徐々に平面的なグラフィックである 2D ゲームから立体的なグラフィックである 3D ゲームが主流になり、それに応じて PC ゲームがパソコンへの要求するスペックも高くなっていきました。また最新で最高の性能を誇るパソコンでさえ、 PC ゲームの要求するスペックについていけなくなる PC ゲームもあります。つまり、PC ゲームにとっては最新のパソコンのスペックでさえ足りないのです。そこでゲームメーカーはいろいろ制限を受けながら工夫をして、たいていのパソコンで快適にプレイできるように制作しています。

ブラウザゲームの台頭

PC ゲームは、よりリアルな表現を目指して開発が行われていますが、一方でリアルな表現にこだわらず、いかにプレイしていて楽しめるかを重視した開発も行われています。

後者のようなゲームは、気軽に楽しめるブラウザゲームの台頭で一気に人気が高まり、PC ゲームと聞くとブラウザゲームを連想する方は少なくないと思われます。

ブラウザゲームもゲームタイトルによりますが、たいていはパソコンにあまり高い負荷がかからず、パソコンの中で性能が低いタブレット PC でも、快適にプレイできるゲームタイトルが多いほどです。

パソコンに求められる性能

要求性能レベルは、PC ゲームによって千差万別

基本的に PC ゲームは、高性能なパソコンでないと快適にプレイできません。しかし、PC ゲームの内容もタイトルによって千差万別なので、最近の最安値クラスのパソコンでも快適にプレイできる PC ゲームもあります。

よって、PC ゲーム専用パソコンを選ぶときは、プレイしたい PC ゲームの内容を調べなくてはなりません。特に時代の最先端技術を注いで作られた PC ゲームは 3Dグラフィックを多用することが多く、3D グラフィックの表示はパソコンに高い性能を要求します。

特に CPU の性能、メインメモリー容量、ビデオチップの性能が重要で、どれか一つでもかけるとゲームのプレイの快適さに影響がでるほか、最悪プレイすることができません。中でもビデオチップの性能は重要です。

PC ゲームではグラフィックス関連の処理が多く発生し、グラフィックス関連の処理はビデオチップが担います。グラフィックス性能は、ほぼビデオチップの性能で決まります。ビデオチップ性能が低いと、ゲームタイトルによっては全くプレイできません。

ビデオチップの性能を十分引き出すには、CPU の性能やメインメモリー容量も重要ですが、ビデオチップの性能が低いと、CPU が高性能で大容量メインメモリーであってもグラフィックス性能は低い事になりますので、ビデオチップを最も重視する必要があります。

PC ゲームが推奨するスペック

推奨スペックは最低限必要なスペック

PC ゲームのパッケージなどに記載されているパソコンに求める性能、すなわち推奨スペックですがそれほど高く設定されていません。なぜなら PC ゲームをプレイするのに支障がない最低のスペックだからです。多くの PC ゲームはパソコンのスペックに合わせてプログラムが動くので、パソコンのスペックによって PC ゲームの動き方が違う場合があります。

例えば、3D グラフィックの場合遠くの景色まで表示できたほうがリアルで臨場感が違います。推奨スペックぐらいのパソコンと、その性能を上回るハイスペックのパソコンとで比べると、後者の方が 3D グラフィックが遠くの景色まで表示されていてリアルな場合があります。

よって、PC ゲームのソフトには推奨動作環境が書いてありますが、それは PC ゲームがプレイできる最低ラインと思っても差し支えありません。PC ゲームソフトよっては、プレイ中に処理が重くなって一時的に止まる場合があっても、動作するスペックであれば問題ではないとして決めたような推奨スペックにしている場合もあります。しかし、PC ゲームソフトの中には、推奨スペックを下回るスペックでも快適にプレイできる PC ゲームも存在しますので、本当に PC ゲームによって推奨スペックの基準はまちまちです。

少なくとも、快適に PC ゲームをプレイできるためには推奨動作環境以上のスペックが必要な場合が多いですので、推奨スペックを上回る性能を持つパソコンを選ぶのがおすすめです。性能が低くて、思うように快適にプレイできないパソコンを選んでしまうと、後悔すること間違いなしです。

PCゲーム専用パソコンは、デスクトップパソコンタワー型が主流

内部スペースが広く、放熱性に優れる

PC ゲームには高性能な CPU、ビデオチップが必要です。

ビデオチップには、主に CPU 統合ビデオチップ、マザーボード実装ビデオチップ、ビデオカード搭載ビデオチップがあります。後者ほどグラフィックス性能が高いですが、技術進歩によって CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能も、3D グラフィックスを多用する PC ゲームがプレイできるほど向上してきましたが、マザーボード実装ビデオチップやビデオカード搭載ビデオチップには勝てません。

マザーボード実装ビデオチップは、ノートパソコン等のビデオカード搭載が難しいパソコンに見られますが、比較対象の製品によりますが、ビデオカード搭載ビデオチップには勝てません。

そのため、グラフィックス性能を重視するなら、ビデオカードが必要となります。

高性能な CPU や ビデオカードの放熱量は多いので十分な冷却性能が必要です。もし、冷却性能が不十分だと、温度の上昇を抑えるためにパソコンの動作が遅くなったり、突然電源が落ちたりする事が発生します。さらに、高温な環境は PC パーツの劣化を早め、最悪 PC パーツが故障してしまいます。

また、高性能なビデオカードはサイズが大きいため、内部に広いスペースが必要です。そのため、各メーカーやパソコンショップが販売する PC ゲーム専用パソコンには、内部に十分なスペースがあり放熱性に優れるデスクトップパソコンタワー型が多いです。

コストパフォーマンスが高い

デスクトップパソコンタワー型は、本体サイズが大きいので十分な設置スペースが必要です。また、重量が結構ありますので、移動は容易ではありません。

設置スペースを抑えるために、他のデスクトップパソコンのタイプ(省スペース型やキューブ型、一体型)や、移動が容易なノートパソコンを選びたいところかもしれませんが、デスクトップパソコンタワー型は、他と比べてスペックの割りに価格が安いです。

同じ金額を出すなら、タワー型を選ぶ方が高性能なパソコンを手に入れられます。性能の高さが重要になってくる PC ゲーム専用パソコンでは、設置スペースを確保でき、容易に移動できる必要性が無ければ、タワー型がおすすめです。

タブレット PC を選ぶ場合は

小型ノートパソコンにも当てはまりますが、タブレット PC は消費電力と発熱量を抑える事を優先に作られており、性能は二の次です。そのため、全体的にタブレット PC の性能は低いです。プレイしたいゲームタイトルによってはタブレット PC の性能で十分ですが、本当に十分かどうか慎重に検討して選ぶ必要があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSD追加&容量増量キャンペーン
ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です!
(キャンペーン実施中)
Dell
・夏のボーナスセール!
週末(金〜月)限定、クーポンでさらに17%オフ!XPS 13が当たる!メルマガ登録キャンペーンも実施中!
(6月26日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(6月29日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスセール
セール対象パソコンがプライスダウン!
(7月4日迄)




コラム - ゲームパソコン