キャッシュヒット、キャッシュミスとは?

最終更新日 2019年10月11日

キャッシュヒット、キャッシュミスとは何か

キャッシュとは? ―― 機能と仕組みから使用上の注意まで (3/3) - EDN Japan には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年11月29日)
キャッシュヒット
対象となる命令やデータがキャッシュに存在する場合

キャッシュミス(キャッシュミスヒット)
対象となる命令やデータがキャッシュに存在しない場合
UNIXサーバ キャッシュヒット、キャッシュミスとは:用語解説 - 富士通 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
キャッシュヒットとは、命令処理に必要なデータがキャッシュメモリに存在し、キャッシュメモリからデータを読み込むことができることです。またキャッシュミスとは、命令処理に必要なデータがキャッシュメモリに存在せず、キャッシュメモリからデータを読み込むことができないことです。
CPU は命令や命令を実行する際に必要となるデータを読み込みますが、これらがキャッシュにあるならキャッシュヒット、キャッシュにないならキャッシュミス(キャッシュミスヒット)と呼ぶようです。

CPU がキャッシュから読み込むのにかかる時間は、CPU がメインメモリから読み込むのにかかる時間よりも短いです。

キャッシュミスとなると、メインメモリから読み込むことになりますので、CPU の処理効率が低下します。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の大感謝セール
最大65,000円OFF!!
(10月12日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大26%OFF。ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・オータムセール
eスポーツの秋!芸術の秋!ゲーミング・クリエイターPC大放出
(10月25日迄)