CPUのキャッシュメモリー

最終更新日 2022年04月08日

CPUのキャッシュメモリーとは

基礎

CPUのキャッシュメモリーとは、メインメモリー(主記憶装置)と比べると容量は小さいがデータ読み書き速度は速いメモリーです。

CPU処理速度の向上

CPUが頻繁に読み込むデータをキャッシュメモリーにも保持しておくと、実際にCPUがそのデータを読み込むときはメインメモリーではなくキャッシュメモリーから読み込むので、CPUのデータ読み込みにかかる時間が短くなります。CPUがメインメモリーではなくキャッシュメモリーにデータを書き込むと、CPUのデータ書き込みにかかる時間が短くなります。キャッシュメモリーの方がデータ読み書き速度が速いためです。CPUのデータ読み書きにかかる時間が短くなると、CPUの処理速度が向上します。

レジスターとの違い

レジスターもキャッシュメモリーもCPU内部にあります。両者にはアクセス速度、容量、演算回路までの距離、使用目的、保持するデータに違いがあります。キャッシュメモリーの方がアクセス速度が遅く、演算回路までの距離が遠いですが、レジスターよりも容量が大きいです。演算回路での演算を高速化するためにレジスターを使用します。メインメモリーへのアクセスを高速化するためにキャッシュメモリーを使用します。レジスターでは演算に使用するデータを保持します。キャッシュメモリーでは演算によく使用するデータを保持します。別の言い方だと、レジスターでは演算にとって最も必要性が高いデータを保持し、キャッシュメモリーでは次に必要性が高いデータを保持します。その次に必要性が高いデータをメインメモリーに保持します。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の大感謝セール
最大65,000円OFF!!
(10月12日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大26%OFF。ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・オータムセール
eスポーツの秋!芸術の秋!ゲーミング・クリエイターPC大放出
(10月25日迄)