HDDの内部転送速度

最終更新日 2023年09月07日

HDDの内部転送速度とは

基礎

内部転送速度 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 より引用します。
内部転送速度とは、ヘッドが読み込みを始めてからデータがバッファに入るまでの転送速度を指す。
HDDの内部転送速度とは、ヘッドがデータを読み込み始めてから、そのデータを転送しバッファーが読み込むまでの転送速度です。ナイブテンソウソクドと読みます。

用語

ヘッドとは、プラッターに対しデータ読み書きを行う部品です。プラッターとは、磁性体を塗布した平たい円形のものです。バッファーとは、データ読み書き速度が遅いプラッターに合わせ動作することによって、全体のデータ読み書き速度が遅くなる問題を和らげるために使用するメモリーです。転送速度とは、1秒間当たりに転送できるデータ量です。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)