メインメモリーに素手で触れても良い?静電防止手袋が必要?

最終更新日 2019年10月11日

メインメモリーに素手で触れても良いのか、静電防止手袋が必要なのか

121ware.com > サービス&サポート > アドバイスシート には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
●メモリは、静電気などに非常に弱い商品です。素手で触れると静電気により故障するおそれがあります。メモリを取り扱う際は、リストストラップなどの静電防止機器をご使用になられるか、金属などに触れ体から静電気を放出 してから取り扱ってください。(化繊の服などは静電気を帯びやすいのでそれらの衣料を着た状態での作業はできるかぎり避けてください)

●メモリは基板の端を持つようにしてください。基板上のICや金属端子(接点部分)に触れることは絶対しないでください。メモリの端子に触れてしまうと、指紋などが酸化の原因となり接触不良を引き起こす原因となります。
静電気を逃がす、ICや金属端子部分に触らないようにする、以上に気をつけるならメインメモリーを素手で触っても大丈夫のようです。

素手で触らずに静電防止手袋を使いなさいという意見もあるかもしれませんが、安全を第一に考えるなら静電防止手袋を使うと良いと思います。

特に根拠はないですが、たいていの人はメインメモリーの交換や増設をする際に静電防止手袋を使わずに素手で作業しており、故障した経験はないと思います。

金メッキのOCメモリが発売に、「素手で触ると腐食する」 - AKIBA PC Hotline! によると、素手ではなく静電防止手袋を使う方が良い特殊なメインメモリーもあるようです。(この記事の公開年月日は2013年10月18日)

そのメインメモリーとはセンチュリーマイクロのCK4GX2-D3U2400H/OCであり、特徴について以下のとおり書かれています。
 というのも、今回の製品では、基板の回路パターンなどを保護するレジストインキを塗布せず、その代わりに金メッキした、という体になっているため。この結果として、銅などで書かれる回路パターンなどの金属部分が十分保護されていないとされており、一般的なメモリモジュールよりも静電気に弱く、「表面に素手で触れると、金属面が皮脂などの影響で変色したり腐食したりする場合がある」(付属の注意書き)という。
この製品には静電防止手袋が付属しており、メーカー保証はないそうです。

この製品の特徴から、一般的なメインメモリーは同製品と比べてレジストインキにより保護されており静電気に強く皮脂の影響で変色や腐食しにくいことがわかります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)