チップセットのMCH

最終更新日 2024年01月05日

チップセットのMCHとは

基礎

チップセットのMCHとはMemory Controller Hubの略で、CPU、メインメモリー、インターフェースのAGPやPCI Express、ICHを接続し、CPUとメインメモリー等の間で行うデータ送受信を制御するチップです。エムシーエイチと読みます。

由来

メインメモリーを制御するメモリーコントローラーを内蔵するため、Memory Controller Hubと呼びます。PCI Expressコントローラー等、他のコントローラーも内蔵しています。

GMCH

MCHとグラフィックス・アクセラレーターを統合した場合、GMCHと呼びます。GMCHとはGraphics Memory Controller Hubの略です。グラフィックス・アクセラレーターとは、画像を描画する処理を担うチップです。

ノースブリッジ、サウスブリッジ

一般的にチップセットがノースブリッジ、サウスブリッジに分かれています。ノースブリッジではCPU、メインメモリー、インターフェースのAGPやPCI Express等、高速なデータ送受信の制御が発生するものを接続します。サウスブリッジではストレージ、光学ドライブ、インターフェースのUSBやLAN等、低速なデータ送受信の制御が発生するものを接続します。

インテルではノースブリッジをMCH、サウスブリッジをICHと呼びます。そのため、インテルのチップセットに関する話で、MCHではなくノースブリッジ、ICHではなくサウスブリッジと呼ぶ場合があります。

出典

MCH - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典(2008/10/07更新記事)


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・春のパソコンセール
最大70,000円OFF!!
(4月24日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・WEB開催!スプリングセール
ゲーミング・クリエイター向けパソコンなどをご用意
(4月23日迄)