多数のサイトに掲載されているから正しい情報とは限らない

最終更新日 2019年10月11日

改変した情報が広まり正しい情報に見える状況になってしまった事例

インターネットで様々なウェブサイトを見続けていると気づくことですが、多数のウェブサイトに掲載されている情報が正しい情報とは限りません。

当ウェブサイトでは主にパソコン関連の情報を掲載しているので、あるパソコン関連の情報が多数のウェブサイトに掲載されていても正しい情報ではない事例について言える範囲で紹介します。

ある人物AはIT業界に身を置いていましたが、その時に某PCパーツのメーカーBの資料を閲覧できる機会がありました。そのメーカーBの某PCパーツの仕様には何を意味しているのか不明な項目がありましたが、その資料にどのような意味があるのか書かれていました。

人物Aは個人的にウェブサイトを運営しておりパソコン関連の情報を掲載していましたが、資料で得た情報を掲載すればメーカーBの某PCパーツの選び方についてわかりやすく書けると思いました。

しかし、その資料に書かれている内容は全て外部に漏らしてはいけないことになっており、自分のウェブサイトに公表すると問題になると思いました。そこで自分で改変して情報を掲載することにしました。

しばらく経つと、その情報が掲載されたウェブページがヒットし、検索エンジンから多数のアクセスがありました。さらにしばらく経つと、人物Aが改変した情報が多数のウェブサイトに掲載されるようになり、まるで正しい情報のように見えるようになりました。

人物Aのウェブサイトを参考にあげているところはなかったので、他のウェブサイトでも人物Aと似たような考えで情報を掲載したかもしれません。

推測の域を出ませんが、人物Aのウェブサイトの解析情報を見て改変された情報が掲載されているページが検索エンジンで多数ヒットしているのを確認し、その情報を掲載すれば検索エンジンからのアクセス数を集められると判断し、正しいのか間違っているのかよく確かめずにウェブサイトに掲載したと考えられます。

なぜなら、その人物Aのウェブサイトには他にも嘘情報、正しい情報でも役に立たない情報等が掲載されているウェブページが、検索エンジンで多数ヒットするようになると、他のウェブサイトに広まることが見られたからです。

仮に事実だとすれば人物Aのウェブサイトが嘘情報の発信源なのですが、他のウェブサイトでは何を参考にして情報を掲載したのか不明なので確かめようがありません。

人物Aが改変した情報は、某パソコンメーカーのウェブサイトに掲載されるほどにまで広まり、多くの人が信じて疑わない状況になってしまったと思います。

ウィキペディアには、信頼できる情報源がなかったせいか、人物Aが改変した情報を掲載していません。メーカーBの某PCパーツに関する情報を掲載しているウェブサイトの中には、人物Aが改変した情報を掲載していないウェブサイトもあります。疑っている人もいるのでしょうが、正しい情報なのか間違っている情報なのかわからないので声をあげられない状況にあると思います。

以前にメーカーBは、人物Aが改変した情報を遠回しに否定するような文章込みで正しい情報を公開しましたが、しばらくしたら公開しなくなりました。一度は公開しましたが公開できなくなった何らかの理由があったのかもしれません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)