電源ユニットの寿命はどれくらい?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットの寿命はどれくらいなのか

デスクトップパソコンの電源ユニットの寿命はどれくらいなのか、一概に寿命は〜年とは言えないと思います。

製品によって寿命は違うだけではなく、 PCパーツ最前線:玄人志向に聞く「PC電源のツボ」 / 開発担当はなんと「謎のサングラス男」、実は真面目に技術を語る に書かれているとおり、使用条件や使用環境によって寿命は変わってくると考えられます。
実際の耐用年数となると稼働率や負荷率、環境温度など使用環境によって変わりますので、判断は難しいのですが、電源は基本的に使い始めてから徐々に劣化していくものとお考えください。
ニプロン 製品情報 電源事典 Q&A Q.電源の寿命はどのくらいですか? には、電源の寿命について以下のとおり書かれています。
電源の寿命は、周囲温度、埃の多さ、使用時間、ディレーティングなどによって大きく変わります。
同記事には電界コンデンサーの推定寿命を求める方法が掲載されていますが、 アルミニウム電解コンデンサの概要 - Nichicon によると、電解コンデンサーの推定寿命の精度を高めるには、電解コンデンサーの発熱による温度上昇の影響も考慮する必要があります。

電解コンデンサーの推定寿命を求めることができたとしても、電解コンデンサー以外の部品の寿命もあると考えられます。

恐らく多くの人は、理論上の推定寿命ではなく、実際に使われてきた電源ユニットを調べることにより求められた寿命を知りたいと思われます。

どのような方法も製品、使用条件、使用環境の違いがあるので大まかな目安にしかならないでしょうが、例えば大量の台数の電源ユニットについて調べ、故障するまでの平均年数がわかるだけでも十分と思われます。

しかし、そのような方法で求められた電源ユニットの寿命は、私が調べた限りではありません。

ところでインターネットで各パソコンメーカーが公表しているパソコンの有寿命部品について調べると、使用頻度や使用環境(温度や湿度等)によって違ってきますが、1日約8時間、1ヶ月で25日間の使用で約5年としているところが多い印象を受けます。(メーカーによって若干違いが見られます)

有寿命部品には電源ユニットを含むので、電源ユニットの寿命は約5年が目安と考えて良いかもしれませんが、各パソコンメーカーが公表するパソコンの有寿命部品を見ると、何となく適当に決めた感じがします。

電源ユニットの寿命を気にする人の中には、長寿命の電源ユニットを入手したい人がいると思います。その場合は、保証期間が長い電源ユニットを選べば良いと思います。寿命は保証期間より長いとは限らないでしょうが、電源ユニットのメーカーは保証期間よりも寿命が長いと自信を持っていると考えられます。

例えば、 Seasonic製80PLUS Titanium Seasonic PRIME ATX電源|オウルテック に書かれているとおり、Seasonic 社製電源ユニット「Prime」シリーズの保証期間は12年間です。対象商品は、SSR-650TD、SSR-750TD、SSR-850TD です。(2017年4月10日時点)

・各パソコンメーカーが公表するパソコンの有寿命部品を参考にすると電源ユニットの寿命は約5年


キャンペーン情報
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
ツクモ
・ウィンターボーナスSALE!
お買い得品を多数ご用意
(12月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)