電源ユニットのファンのベアリング(軸受け)はどれが良い?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットのファンのベアリング(軸受け)はどれが良いのか

電源ユニットのファンのベアリング(軸受け)には、大まかに分けてスリーブベアリング、ボールベアリング、流体軸受けがあります。

流体軸受けは英語で言うと Fluid Dynamic Bearing であり、それぞれの頭文字から FDB と呼ばれることがあります。

電源ユニットのファンは、寿命、静音性、コストが重要ですが、寿命が長い順に並べると、流体軸受け、ボールベアリング、スリーブベアリングです。

静音性に優れる順に並べると、流体軸受け、スリーブベアリング、ボールベアリングです。

コストが安い順に並べると、スリーブベアリング、ボールベアリング、流体軸受けです。

ただし、電源ユニットのファンはベアリング(軸受け)は同じでも製品によって寿命、静音性、コストが異なりますので、上記の順序は一概に当てはまるものではありません。

寿命、静音性、コストの中で寿命を最も気にする人が多いと思いますが、それなら流体軸受けかボールベアリングがおすすめです。

コストを気にせず静音性も重視するなら、流体軸受けがおすすめです。

ボールベアリングでもベアリング(軸受け)から発生する騒音をできるだけ抑えたり、大口径のファンかつ低速回転を採用する等して、静音性に優れている製品がありますので、寿命と静音性を重視する場合でもボールベアリングを選択肢から外す必要はありません。

静音性とコストを重視するならスリーブベアリングがおすすめです。寿命が短いと言っても、過酷な使用環境ではなければ電源ユニットの保証期間くらいまでは寿命を迎えることはないと期待できます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)