電源ユニットのケーブルは直付けとプラグインどちらが良い?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットのケーブルは直付けとプラグインどちらが良いのか

電源ユニットのケーブルには、直付けタイプとプラグインタイプがあります。直付けタイプは電源ユニット本体からケーブルを取り外すことはできませんが、プラグインタイプならできます。

プラグインタイプなら使わないケーブルを取り外すことで PC ケース内部の配線を整理しやすくなり、大きな差は出ないでしょうがエアフローが良くなると考えられます。

しかし、プラグインタイプには何かデメリットがないのか気になります。

ASCII.jp:知ったかできるパーツ基礎知識【ケース、電源、クーラー編】 (4/6)|アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2010 には、プラグインタイプについて、以下のとおり書かれています。
発売当初はこれによるノイズ問題などのマイナス点を懸念する声があった。某メーカーは当初「うちはプラグインタイプの電源ユニットは絶対に作らない」と公言しつつ、今ではラインナップの殆どに着脱式が採用されている。笑い話ではあるが、市場の需要には逆らえなかった結果と言えるだろう。つまりプラグインタイプは、ユーザーには大いに受け入れられているという証でもある。
着脱式とはプラグインタイプのことです。プラグインタイプにはノイズ問題等があるようですが、プラグインタイプが普及しましたので、プラグインタイプの問題は特に気にする必要はないものだと考えられます。

PCパーツ最前線:玄人志向に聞く「PC電源のツボ」 / 開発担当はなんと「謎のサングラス男」、実は真面目に技術を語る には、以下のとおり書かれています。
しかし、プラグインコネクタはごく僅かとはいえ損失が発生し、電圧変動を起こします。それも高出力電源ではこの電圧変動がより大きくなりやすい点に注意が必要です。

 こうした点から省エネを重視するならば直付けタイプがオススメです。頻繁にケース内パーツを交換するでなければメンテナンス面の重要度は下がりますし、エアフローに関しては、ケーブルをきれいに束ねることで改善できます。
省エネ重視なら直付けタイプを選ぶ方が良いようですが、プラグインタイプと比べてどれくらいの差が出てくるのか不明です。

プラグインタイプと比べて大きな差は出ないと思いますが、省エネについて気になるなら直付けタイプを選ぶ方が良いようです。

直付けタイプのデメリットについては、しっかりと配線を束ねれば特に気にする必要はないようです。

電源に関する便利術、電源の不調を確認する方法など - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。
 そして、別売りケーブルが存在するのもプラグイン方式電源のメリット。メーカーも「さほど売れない」と言うほどマイナーなパーツながら、小型ケースから大型ケースやその逆のように、PCのサイズを変える際、お気に入りの電源を使い回す手助けとなるので覚えておいて損はない。
プラグインタイプなら、別売りのケーブルに交換できるメリットがあるようです。

例えば、折りたたみが簡単で整理しやすく綺麗にまとめやすいフラットケーブルがあります。

フラットケーブルが標準付属する場合もありますが、プラグインタイプならフラットケーブルに変えたい要望に応えられます。

他にも、電源ユニットと PC パーツとの距離が長い場合に対応できるロングケーブル等があります。

電源ユニットにて使うケーブルを変えたいなら、プラグインタイプを選ぶ方が良いようです。

ただし、電源ユニットのプラグインケーブルは互換性がなくても接続できてしまう場合がありますが、互換性がないものを接続してしまうと最悪電源ユニットやマザーボードが故障してしまいますので注意が必要です。

プラグインケーブルは電源ユニットに付属するものか、その電源ユニット用のものを使わなければなりません。

これは人によってはデメリットになるかもしれません。例えば、様々な電源ユニットを導入し、未使用のプラグインケーブルの整理が面倒で互換性がある組み合わせ、互換性がない組み合わせがわからなくなってしまうようならデメリットになります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)