電源ユニットのファンは口径が大きい方が良い?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットのファンは口径が大きい方が良いのか

ATX電源を静音化する 1/2 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
 静音性を重視して電源を選ぶ際に注意したいポイントは、搭載しているファンの口径と回転数だ。

 電源ユニットの静音性と冷却性の関係と言っても、基本方針はCPUやビデオカードクーラーのそれと変わらない。大口径で低速回転ほど有利と見てよい。
同記事には、電源ユニットを静音化することについて書かれています。静音性を重視して電源ユニット選ぶなら、ファンの口径が大きい方が良いようです。

ファンの口径を大きくすることで低速回転でも冷却性能を高くでき結果として静音性に優れるので、冷却性を重視する場合でもファンの口径が大きい方が良いと考えられます。

ファンの口径だけではなく、ファンの羽根のサイズ、形状、枚数も冷却性や静音性に影響しますが、これらも比較して優劣を判断するのは難しいところだと思います。

あらゆる電源ユニットを調べたわけではありませんが、電源ユニットの多くはファンの回転数は負荷や発熱に応じて変わります。

ファン口径が大きく発熱量が小さい電源ユニットであれば、低速回転でも冷却性能が高く、温度が上昇しにくいのでファンの回転数の上昇も抑えられ静音性に優れていると考えられます。

電源ユニットの発熱量が小さいかどうかは変換効率の高さが重要ですが、80PLUS 認証付きか、80PLUS ランクはどれかを調べることでわかります。

・電源ユニットの冷却性や静音性が高くなるので、ファンの口径は大きい方が良い


キャンペーン情報
マウスコンピューター
初夏セール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月3日迄)
DELL
・期間限定<新生活応援モデル>
今ならオンラインクーポンで最大20%OFF
(6月1日迄)
ドスパラ
・先取りサマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月11日迄)
パソコン工房
・新旧大放出セール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月9日迄)