電源ユニットのフルプラグインとセミプラグインの違いとは?

最終更新日 2019年10月11日

電源ユニットのフルプラグインとセミプラグインの違いとは何か

電源ユニットにはマザーボード等と接続する様々なケーブルがありますが、ケーブルを取り外せないタイプを直付けタイプ、取り外せるタイプをプラグインタイプと呼びます。

プラグインタイプの電源ユニットの商品情報等を見ると、フルプラグインやセミプラグインという記載が見られますが、両者の違いは何なのでしょうか。

PC電源:ヘルプページ - BTOパソコン eX.computer には、以下のとおり書かれています。
電源の種類によりすべてのケーブルが取り外し可能なフルプラグイン。
一部ケーブルが取り外し可能なセミプラグインの製品がございます。
フルプラグインなら全てのケーブルを取り外せますが、セミプラグインだと一部のケーブルを取り外せるようです。どのケーブルを取り外せるのかは、電源ユニットによって異なると考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)