Windows Vistaでは電源ユニットの+5VSBは2.0A以上必要?

最終更新日 2019年10月11日

Windows Vista では電源ユニットの +5VSB は 2.0A 以上必要なのか

電源 1/2 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、Windows Vista の電源仕様について、以下のとおり書かれています。
電源の仕様からチェックすることができるパワーマネジメントの項目としては、「+5VSB」の数値がある。最低1.0A、推奨2.0A以上の出力が規定されているが、USB機器など外部デバイスを多用している場合は、この+5VSBの数値が大きいほうがよい。
絶対に必要ではないようですが、電源ユニットの +5VSB は 2.0A 以上推奨のようです。

2.0A 以上推奨の理由について、 Vistaをより快適に使うためのパーツたち 1/2 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
+5VsbとはPCの電源がOFF(主電源はON)の状態でマザーボードに供給される電力で、+5Vsbの供給容量が小さいと、スタンバイやその復帰に失敗しやすくなる。現在のATX 2.2では2.0A以上の出力が推奨されているが、USB機器など外部デバイスを多用している場合は、この+5Vsbの数値が高いほうが復帰が安定しやすい。
スタンバイやスタンバイからの復帰で必要となるので、電源ユニットの +5VSB は 2.0A 以上推奨されているようです。

ただし、USB で接続して使う周辺機器等を多数接続して使う場合は、2.0A あっても不足する場合があるようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)