SSDのMTBF

最終更新日 2021年09月14日

SSDのMTBFとは

MTBF(Mean Time Between Failures)とは、平均故障間隔です。

SSDの仕様にMTBFという項目があり、例えばMTBFは100万時間等と記載されています。

SSDのMTBFはSSDが寿命を迎えるまでの平均時間のように見えますが、そうではなくMTBFは寿命によるものではない故障のしにくさを示すものです。

SSDに寿命がないとしてSSDが故障するまでの平均的な動作時間がMTBFです。

例えば、SSDのMTBFが100万時間の場合、平均的に見て100台のSSDの動作時間が1万時間に達すると1台が故障するという意味です。

SSDのMTBFと故障期

SSD以外にも当てはまることですが、SSDを使い始めてしばらくは故障率が高い時期があり、その時期が終わると故障率が低い時期が続き、そしてまた故障率が高い時期が続きます。

最初の故障率が高い時期を初期故障期、故障率が低い時期を偶発故障期、最後の故障率が高い時期を摩耗故障期と呼びます。

MTBFとは、偶発故障期における故障率を基にして、故障するまでの時間の長さを求めたようなものです。

一般的には寿命とは摩耗故障期に達するまでの時間の長さであり、MTBFは寿命ではありません。

SSDのMTBFは、偶発故障期における故障のしにくさ示す指標です。

SSDが初期故障期や摩耗故障期に当てはまる頃では、MTBFが参考になりません。

SSDのMTBFと耐久性の指標

SSDのMTBFは、耐久性の指標です。

耐久性の指標であることを否定し、TBW(PBW)が耐久性の指標であると見聞きします。

耐久性の意味によって変わり、耐久性が故障が少ないことを意味する場合は耐久性の指標です。

耐久性が寿命の長さを意味する場合は、耐久性の指標ではありません。

SSDのMTBFの比較

SSDのMTBFが長いほど信頼性が高い、すなわち壊れにくいSSDですが、MTBFが長い方が信頼性が高いとは限りません。

SSDのMTBFをどうやって求めたのか各メーカーは公表しておらず、仮に公表していても求め方が違うと公平に比較できません。

何台のSSDを用意して何時間動作させ続けてMTBFを求めたのか、さらに故障の定義等もメーカーによって違うでしょうから、SSDのMTBFを比較しMTBFが長い方のSSDが信頼性高いとは断定できません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(2月2日迄)
DELL
・最新のパソコンをおトクに手に入れよう
最新パソコンがクーポンで最大25%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・入替応援セール
ゲーミングPC・ノートPCがお得!最大20,000OFF!!
(2月8日迄)