USBメモリーはキャップ式が良い?それ以外の方式が良い?

最終更新日 2019年10月11日

USB メモリーはキャップ式が良いのか、それ以外の方式が良いのか

USB メモリーには端子部分を保護するためのキャップがある製品がありますが、しっかりと保護できます。キャップ式のデメリットは、紛失してしまう可能性があるくらいです。

キャップ式のボールペンの中には、ボールペンの先とは反対側へキャップを取り付けられる製品がありますが、USB メモリーにも同じように取り外したキャップを端子とは反対側へ取り付けられる製品があります。このような USB メモリーなら、キャップを紛失してしまうリスクが減ります。

USB メモリーにはキャップ式以外の方式もあり、例えば USBメモリ - サンワサプライ株式会社 にて見てみると、キャップ式以外にもスイング式やスライド式があります。

キャップ式
キャップ式

スイング式
スイング式

スライド式
スライド式

スイング式やスライド式の USB メモリーなら、キャップがありませんのでキャップを紛失するリスクがありません。

キャップ式 USB メモリーでも取り外したキャップを反対側へ取り付けられる製品なら紛失する可能性は低く、仮にキャップを紛失してもキャップ単体でも販売されており、キャップを使わなくても簡単に壊れるものではありません。

USB メモリーはキャップ式か、それ以外のスイング式やスライド式を選ぶ方が良いのか、どちらでも良いと思います。


キャンペーン情報
富士通
・WEB MARTスーパーセール
クーポン利用で18〜23%OFF等の10大特典
(10月15日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)