USBメモリーのデフラグ

最終更新日 2023年09月07日

USBメモリーのデフラグとは

基礎

USBメモリーのデフラグとは、断片化を解消する機能です。

デフラグの効果

USBメモリーに対しデータ書き込みを繰り返していくうちに断片化が進み、データアクセス速度が低下します。と言っても断片化による速度低下は小さいです。デフラグを行えば断片化が解消し改善しますが、あまり速度低下しないので効果が小さいです。

デフラグは不要

デフラグを実行するとデータ書き込み処理が多く発生します。USBメモリー内部にありデータを記録するためのフラッシュメモリーがデータ書き換えを行うほど劣化するので、デフラグを実行しない方がよいです。

昔と比べるとフラッシュメモリーの耐久性が向上しているので、デフラグを実行しても劣化をあまり懸念する必要がありませんが、デフラグの効果が小さいので不要です。

Trim

デフラグとはHDDに対しては断片化を解消する機能、SSDに対してはTrimを実行する機能を意味する場合があります。USBメモリーはTrimに非対応なので、Trim実行という意味のデフラグも不要です(2021/12/26時点)。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・大決算SALE
最大40,000円OFF!!
(2月28日迄)
DELL
・Premium Support割引キャンペーン
24時間365日テクニカル サポートが受けられる安心の「Premium Support」がお得
(2月19日迄)
パソコン工房
・パソコン大売出しSALE
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコンなどをご用意
(2月20日迄)