USBフラッシュメモリー

最終更新日 2023年09月07日

USBフラッシュメモリーとは

基礎

USBフラッシュメモリー - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 より引用します。
USBポートに接続して使用する、棒状の小型のフラッシュメモリーのことで、USBストレージやUSBメモリーとも呼ばれる。
USBフラッシュメモリーとは、棒状の小型のフラッシュメモリーです。ユーエスビー・フラッシュメモリーと読みます。略してUSBメモリーと呼ぶ場合もあります。USBストレージ、USBフラッシュドライブ、USBメモリードライブと呼ぶ場合もあります。

USBフラッシュメモリーもSSDに該当

広義ではSSDとは記憶媒体に半導体メモリーを使用する記憶装置です。この意味ならUSBフラッシュメモリーもSSDです。狭義ではSSDとは記憶媒体にフラッシュメモリーを使用する記憶装置です。この意味でもUSBフラッシュメモリーもSSDです。USBフラッシュメモリーをSSDと呼ぶと紛らわしいので、一般的にはUSBフラッシュメモリーをSSDと呼びません。

USBフラッシュメモリーの由来

USBに接続して使用するフラッシュメモリーなので、USBフラッシュメモリーと呼びます。

従来からHDDを使用してきたWindowsでもUSBフラッシュメモリー使用可能

USBフラッシュメモリーではページ単位でデータ読み書きし、イレースブロック単位でデータ消去します。HDDではセクター単位でデータ読み書きします。両者が異なりますが、従来からHDDを使用してきたWindowsでもUSBフラッシュメモリーを使用できます。

Windowsに限らずWindowsで動作するアプリケーションも、HDDかUSBフラッシュメモリーを区別しません。USBフラッシュメモリーが登場する前に、HDDに合わせてアクセスする仕組みができましたが、HDD以外でも対応可能な仕組みです。Windows側ではセクター単位でデータ読み書きすると処理し、HDD側も同じですが、USBフラッシュメモリー側ではページ単位でデータ読み書き、イレースブロック単位でデータ消去すると処理します。

USBフラッシュメモリーのメリット、デメリット

USBフラッシュメモリーのメリット

USBフラッシュメモリーには、小型で軽量なので持ち運びしやすい、容量の種類が豊富で容量が大きいモデルもある、USBに接続するので接続と取り外しが簡単、多くのパソコン等に普及しているUSBに接続して使用するので接続できなくて困る場合が少ない、以上のメリットがあります。

衝撃・振動、熱、水に強いメリットもありますが、HDDと比べた場合の話です。衝撃・振動を与えない、高温にならないようにする、水がかからないようにする、以上に気をつけて使用します。

USBフラッシュメモリーのデメリット

USBフラッシュメモリーには、小型で軽量なので紛失しやすい、以上のデメリットがあります。

コネクターが破損しやすいデメリットがありますが、接続と取り外し等で丁寧に扱えば問題ありません。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・大決算SALE
最大40,000円OFF!!
(2月28日迄)
DELL
・Premium Support割引キャンペーン
24時間365日テクニカル サポートが受けられる安心の「Premium Support」がお得
(2月19日迄)
パソコン工房
・パソコン大売出しSALE
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコンなどをご用意
(2月20日迄)