USBメモリーに寿命はある?

最終更新日 2019年12月06日

USBメモリーに寿命はあるのか

数年使ったらファイル壊れる? DVD 、USBメモリの寿命に注意! : J-CASTニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年2月12日)
一方、記憶媒体としてすっかり一般的となったUSBメモリについても、「寿命」の問題はある。USBメモリには半導体素子が使われており、これに書き込める回数に限界があるのだ。書き込めなくなった段階で「寿命」という訳だ。
パソコンや周辺機器の箱は捨てても大丈夫なの?――周辺機器編(3ページ目) | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2012年12月4日)
 USBメモリーは、フラッシュメモリーと呼ばれる半導体チップにデータを記録しています。フラッシュメモリーには、データの読み書きを繰り返すと劣化してゆき、やがて使えなくなるという欠点があります。一般的に数千〜数万回の書き換えができますが、非常に少ない回数で壊れる可能性もあるので、大事なデータはこまめにHDDなどにバックアップしましょう。
実は寿命がある?USBメモリをできるだけ長く使用する方法 - ロジテック には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
USBメモリはさまざまなシーンで使われる機器ですが、寿命があることは意外と知られていません。寿命を迎えると突然USBメモリが使用できなくなるなど、ビジネスで致命的な損害を与えます。
USBメモリーには、寿命があるようです。USBメモリー内部にあるフラッシュメモリーに対しデータ読み書きが行われますが、このフラッシュメモリーは書き込みにより劣化し、いずれは寿命を迎えてしまい正常にデータを読み書きできなくなるようです。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)

USBメモリーの寿命



デル株式会社