なぜフォーマットしたUSBメモリーの使用領域はゼロではない?

最終更新日 2019年10月11日

フォーマットした USB メモリーの使用領域はゼロではない理由とは

フォーマットしたUSBメモリーに使用領域が残ってしまう | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2006年9月27日)
 USBメモリーなどの記録メディアをフォーマットすると、メディアが初期化されて、そこに記録されていたデータはすべて消えます。しかし、フォーマット方法によっては、使用領域が存在する場合があります。
同記事のさらなる解説によると、USB メモリーをフォーマットする際はファイルシステムを選びますが、選んだファイルシステムによってはデータ領域の一部を管理領域にするので、フォーマットした USB メモリーの使用領域がゼロにならないそうです。

管理領域とは、USB メモリーのデータ領域に存在するデータの場所を OS が管理するためのデータを記録する領域のことです。

ファイルシステムの FAT では管理領域のサイズはデータ領域に影響を与えないサイズですが、ファイルシステムの FAT32 は管理領域のサイズが大きくデータ領域の一部を管理領域にするので使用領域がゼロにはならないそうです。

USBメモリーのフォーマット形式と容量の確認をしたいのですが?|Q&A | IODATA アイ・オー・データ機器 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
フォーマット直後でも、使用領域を若干ですが消費しています。
これはファイルシステムの管理の為に必要な領域となり、機器の異常
ではありません。
この記事からも、ファイルシステムの管理領域が存在するので使用領域がゼロにならないことがわかります。


キャンペーン情報
富士通
・WEB MARTスーパーセール
クーポン利用で18〜23%OFF等の10大特典
(10月15日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

USBメモリーの容量



マウスコンピューター/G-Tune