いきなりUSBメモリーを抜いても良い?

最終更新日 2019年05月20日

いきなり USB メモリーを抜いても良いのか

USBフラッシュメモリをそのまま抜いても大丈夫ですか? - ELECOM には、以下のとおり書かれています。
必ず[ハードウェアの安全な取り外し]を行ってデバイスを抜いてください。
そのまま抜くと、デバイス内のデータが破損する可能性がありますので、ご注意ください。
いきなり USB メモリーを抜くと、USB メモリー内のデータが破損する可能性があるそうです。

USBメモリーをいきなり外しても大丈夫? | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
 取り外しの際には、USBメモリーのアクセスランプに注意する必要があります。アクセスランプはデータを読み書きしていると点滅します。点滅時に取り外すと、データが破損することがあるのです。
USB メモリーのアクセスランプが点滅していない時、すなわち USB メモリーに対しデータ読み書きをしていない時であれば、いきなり USB メモリーを抜いても問題ないようです。

ただし、同記事には「ハードウェアの安全な取り外し」を利用するとデータの破損や Windows 自体が不安定になる危険を避けることができると書かれているのが気になります。稀に Windows の動作に支障をきたすことがあるのかもしれません。

若者よ、いきなりUSBメモリを抜くことなかれ! 後世に伝えたい“ハードウェアの安全な取り外し” - いまさら聞けないWindows 10のTips - 窓の杜 には、以下のとおり書かれています。
 一見、データの書き込みがわったように見えても、まだアクセスランプが点滅しているかもしれません。万全を期すなら、“ハードウェアの安全な取り外し”を実行してから取り外すことが大切です。
この記事からも、USB メモリーに対するデータ読み書きが終わり、USB メモリーのアクセスランプが点滅していないことを確認したなら、いきなり USB メモリーを抜いても大丈夫であることがわかります。

・USB メモリーに対するデータ読み書きが終わりアクセスランプが点滅していなければ、いきなり USB メモリーを抜いても良い


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(8月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(9月4日迄)