USBメモリーはウェアレベリングに対応している?

最終更新日 2019年05月20日

USB メモリーはウェアレベリングに対応しているのか

リンクス、容量64GBのUSBメモリ、衝撃や水に強いゴム製ボディで - CNET Japan には、リンクスインターナショナルが2008年11月1日に発売する USB メモリー「CMFUSBHC-64GB」について、以下のとおり書かれています。
データの書き換えをできるだけ均等に分散させる摩耗平滑化を行い、書き換えが同じブロックに集中しないように制御する「ウェアレベリング機能」を搭載し、データ書き換えが可能な回数を高めている。
ウェアレベリングに対応している USB メモリーは少ないのか、どの USB メモリーもウェアレベリングに対応しているものなのかは不明ですが、ウェアレベリングに対応している USB メモリーが存在することは確かのようです。

メモリセルの寿命を延ばすウェアレベリング|Logitec データ復旧技術センター には、以下のとおり書かれています。
USBメモリやSSDはもちろんのこと、メモリカードや携帯電話の内蔵メモリなども、それぞれが独自のアルゴリズムを持つコントローラによって制御されているのです。
アルゴリズムとは、ウェアレベリングのアルゴリズムのことです。この記事からも、ウェアレベリングに対応している USB メモリーが存在することがわかります。

【元麻布春男の週刊PCホットライン】Windows 7のSSD対応追加情報 - PC Watch には、以下のとおり書かれています。
USBメモリやメモリカードに使われているコントローラの多くは、ウェアレベリングをサポートしていない。
この記事の公開年月日は2009年5月19日ですが、ウェアレベリングに対応していない USB メモリーが多いようです。

後に USB メモリーはウェアレベリングへの対応が当たり前になっていったかもしれませんが、USB メモリーは SSD と比べてデータ書き込み回数が多くならない使い方をしている人が多いので、ウェアレベリングの重要性が低いとしウェアレベリングに対応していない USB メモリーが多いままである可能性も考えられます。

・USB メモリーにはウェアレベリングに対応している製品もあれば対応していない製品もある


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(8月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(9月4日迄)