「USBに保存」は間違い?

最終更新日 2020年08月04日

「USBに保存」は間違いなのか

「USBに保存する」、「USBに保存した」、「USBに保存されている」、「USBに保存されていた」等と聞くことがあります。

「USBメモリー」の「メモリー」を省略し「USB」になっているだけなので、間違いではありません。

インターフェースのUSBに接続して保存する機器は、USBメモリーに限らず外付けHDDや外付けSSD等もありますが、「USBに保存」と言えば名称に「USB」を含む「USBメモリー」を指すことが明らかです。

「USBメモリー」以外に「USB」を含む機器が出てくる等して、「USB」と言えば「USBメモリー」を指すとは限らなくなってきたら、「USBに保存」と言うと紛らわしくなる恐れがあります。

今のところ、「USBに保存」と言えば「USBメモリーに保存」を意味します。(2020/08/04時点)


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)