インテル Atom のプロセッサー・ナンバーの見方 - CPU の選び方

最終更新日 2015年11月01日

プロセッサー・ナンバーとは

インテル社の CPU には、製品ごとに異なるプロセッサー・ナンバーが付けられています。数字やアルファベットから成るプロセッサー・ナンバーは、製品の識別ができるだけでなく、プロセッサー・ナンバーには法則があるため、数字やアルファベットから性能の大小関係や製品の特徴がわかります。

しかし、プロセッサー・ナンバーはマイクロアーキテクチャや開発コードネームが変わると、法則も変わる場合があります。

Atom は、デスクトップパソコンやノートパソコンに限らず、タブレット PC や MID(Mobile Internet Devices)、テレビ等の家電製品、組込み機器、サーバー等、様々な機器向けの製品があり、各機器向けの製品ごとに整理した方がわかりやすいですが、古い製品なのか新しい製品なのか判断できるように、Atom に限らず CPU はマイクロアーキテクチャごとに整理した方が良いので、まずはマイクロアーキテクチャごとに整理し、さらに各機器向けの製品ごとに整理して、プロセッサー・ナンバーの見方について記載します。

マイクロアーキテクチャ、開発コードネーム一覧

以下は、Atom 採用マイクロアーキテクチャ、開発コードネームを簡易にまとめた表です。

マイクロアーキテクチャ 開発コードネーム 発売時期
Bonnell Diamondville, Pineview, Silverthorne, Lincroft, Tunnel Creek, Stellarton, Sodaville, Groveland 2008〜2011年
Saltwell Cedarview, Penwell, Cloverview, Berryville, Centerton, Briarwood 2011〜2013年
Silvermont Merrifield, Moorefield, SoFIA, Bay Trail-T, Bay Trail-I, Avoton, Rangeley 2013〜2015年
Airmont Cherry Trail-T 2015年

Bonnell マイクロアーキテクチャ

Atom には、様々な機器向けの製品があり、どの機器向けの製品かは CPU の開発コードネームで分類できます。以下は、各機器向けごとに分類した開発コードネーム一覧です。

開発コードネーム 機器
Diamondville, Pineview デスクトップ、ノート
Silverthorne, Lincroft MID
Lincroft タブレット PC
Tunnel Creek, Stellarton 組込み機器
Sodaville, Groveland 家電

MID 向けのプラットフォーム Moorestown、タブレット PC 向けのプラットフォーム Oak Trail を構成する CPU とチップセットについてですが、CPU は両者のプラットフォーム共に Lincroft の Atom であり、チップセットが異なります。そのため、MID とタブレット PC に同じ開発コードネーム Lincroft が存在します。

Diamondville, Pineview(デスクトップ、ノート)

Diamondville, Pineview の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 3桁の数字

プリフィックスは製品の特徴を示し、デスクトップ向けの製品には D、ノート向けの製品には N が使われます。ただし、プロセッサー・ナンバー 230、330 の製品には使われません。どちらもデスクトップ向けの製品で、Diamondville の Atom であり、当初はデスクトップ向けの製品には、プリフィックスは使われない方針だったと思われます。

3桁の数字は、大きいほど機能と性能に優れている事を示します。3桁の数字は、様々な機能の有無やクロック周波数等の性能を左右する仕様を基に決められているため、3桁の数字を処理速度の速さという観点で性能比較を行うのは困難です。

ただし、同じ開発コードネームの製品の中での比較に限るなら、3桁の数字の違いは、ほぼ処理速度の速さに関わる仕様の違いで決まってくるため、3桁の数字を処理速度の速さという観点で性能比較ができます。

また、3桁の数字からは具体的な機能の有無についてはわかりませんので、知りたい場合は製品の仕様を確認する必要があります。

Silverthorne, Lincroft(MID)

Silverthorne, Lincroft の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 3桁の数字 サフィックス

プリフィックスは製品の特徴を示し、Z が使われます。Z は、MID 向けの製品である事を示します。

3桁の数字の見方は、Diamondville, Pineview の Atom と同じです。

サフィックスには、P と T が使われます。P はパッケージが異なる事を示し、P が付く製品は BGA 437 パッケージ、P が付かない製品は BGA 441 パッケージです。

T が付く製品は、厳しい使用環境でも使えるよう正常に動作可能な温度範囲が広い事を示します。

Lincroft(タブレット PC)

Lincroft の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 3桁の数字

プリフィックスは製品の特徴を示し、Z が使われます。Z は、MID 向けの製品である事を示します。タブレット PC は、MID に含まれるため、プリフィックスに Z が使われていると思われます。

3桁の数字の見方は、Diamondville, Pineview の Atom と同じです。

Tunnel Creek, Stellarton(組込み機器)

Tunnel Creek, Stellarton のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 3桁の数字 サフィックス

プリフィックスは製品の特徴を示し、E が使われます。E は、組込み機器向けの製品である事を示します。

3桁の数字の見方は、Diamondville, Pineview の Atom と同じです。

サフィックスには、T、C が使われます。T が付く製品は、厳しい使用環境でも使えるよう正常に動作可能な温度範囲が広い事を示します。C が付く製品は、FPGA を統合した製品である事を示します。

Sodaville, Groveland(家電)

Sodaville, Groveland のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

プリフィックスは製品の特徴を示し、CE が使われます。CE は、家電向けの製品である事を示します。

4桁の数字の上1桁目は4になっており、なぜ4固定なのかは不明です。上2桁目から3桁の数字の見方は、Diamondville, Pineview の Atom と同じです。

Saltwell マイクロアーキテクチャ

以下は、各機器向けごとに分類した開発コードネーム一覧です。

開発コードネーム 機器
Cedarview デスクトップ、ノート
Penwell MID
Cloverview タブレット PC
Berryville 家電
Centerton, Briarwood サーバー

Cedarview(デスクトップ、ノート)

Cedarview の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Diamondville, Pineview の Atom のプロセッサー・ナンバーと比べると、3桁の数字が4桁の数字に変わりましたが、4桁の数字の上1桁目は2固定であり、その他のプリフィックスや、上2桁目からの3桁の数字の見方は同じです。

Diamondville, Pineview の Atom は第1世代、Cedarview の Atom は第2世代と呼べるため、4桁の数字の上1桁目は世代を示すために2にしたと思われます。

Penwell(MID)

Penwell の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Silverthorne, Lincroft の Atom と比べると、3桁の数字が4桁の数字に変わりましたが、4桁の数字の上1桁目は2固定であり、サフィックスは使われなくなりました。その他のプリフィックスや、上2桁目からの3桁の数字の見方は同じです。

4桁の数字の上1桁目の2は、Cedarview の Atom と同様に、世代を示すために2にしたと思われます。

Cloverview(タブレット PC)

Cloverview の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Lincroft の Atom と比べると、3桁の数字が4桁の数字に変わりましたが、4桁の数字の上1桁目は2固定です。他の見方は同じです。

4桁の数字の上1桁目の2は、Cedarview の Atom と同様に、世代を示すために2にしたと思われます。

Berryville(家電)

Berryville の Atom プロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Sodaville, Groveland の Atom と比べると、4桁の数字の上1桁目が4から5になり、他の見方は同じです。

Centerton, Briarwood(サーバー)

Centerton,Briarwood の Atom プロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

プリフィックスは製品の特徴を示し、S が使われます。S は、サーバー向けの製品である事を示します。

4桁の数字の上1桁目は1になっており、サーバー向け製品としての第1世代目を示すと思われます。上2桁目から3桁の数字の見方は、Diamondville, Pineview の Atom と同じです。

Silvermont マイクロアーキテクチャ

以下は、各機器向けごとに分類した開発コードネーム一覧です。

開発コードネーム 機器
Merrifield, Moorefield, SoFIA MID
Bay Trail-T タブレット PC
Bay Trail-I 組込み機器
Avoton, Rangeley サーバー

Merrifield, Moorefield(MID)

Merrifield, Moorefield の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Penwell の Atom と比べると、4桁の数字の上1桁目は3固定になっており、その他の見方は同じです。

SoFIA(MID)

SoFIA の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

x3-プリフィックス 4桁の数字 サフィックス

Atom の後の「x3」は、 MID(Mobile Internet Devices)の中で主に低価格スマートフォン向けである事を示します。他の開発コードネーム Cherry Trail-T の Atom には、「x5」や「x7」が使われていますが、これらは MID の中で主にタブレット PC 向けである事を示します。x の後ろの数字が大きいほど、価格と性能が高くなるという見方もできます。

開発コードネーム Merrifield, Moorefield の Atom では、プリフィックスには MID 向けの製品である事を示す Z が使われましたが、Z から C に変わりました。

C が何を示すかは不明ですが、SoFIA の Atom ではセルラーモデム(Cellular Modem)を統合した事が大きく変わった点であり、Cellular Modem の C を使い、セルラーモデム統合を示しているのかもしれません。

4桁の数字の上1桁目は3固定になっており、上2桁目から3桁の数字は大きいほど機能と性能に優れている事を示します。

サフィックスは製品の特徴を示し、RK が使われます。RK が付く製品は、Rockchip 社が販売とサポートを行う事を示します。

Bay Trail-T(タブレット PC)

Bay Trail-T の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字 サフィックス

Cloverview の Atom と比べると、4桁の数字の上1桁目は3固定になっており、上2桁目からの3桁の数字の見方は同じです。

サフィックスは製品の特徴を示し、D、E、F、G が使われます。どのサフィックスもメモリーに関する性能が低い事を示し、さらに F、G は UTFCBGA592 パッケージでの提供となる事を示します。UTFCBGA592 パッケージは、製造コストの削減が実現可能となる低価格タブレット PC 向けパッケージです。

Bay Trail-I(組込み機器)

Bay Trail-I の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Tunnel Creek, Stellarton の Atom と比べると、3桁の数字が4桁になり、上1桁目は3固定です。Merrifield 等の Atom と合わせて3固定にしたと思われます。また、サフィックスは付きません。プリフィックスと上2桁目からの3桁の数字の見方は同じです。

Avoton, Rangeley(サーバー)

Avoton, Rangeley の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

プリフィックス 4桁の数字

Centerton,Briarwood の Atom と比べると、プリフィックスは S から C となり、C もサーバー向けの製品である事を示します。4桁の数字の上1桁目は2となり、サーバー向け製品として第2世代を示すと思われます。上2桁目からの3桁の数字の見方は同じです。

Airmont マイクロアーキテクチャ

以下は、各機器向けごとに分類した開発コードネーム一覧です。

開発コードネーム 機器
Cherry Trail-T タブレット PC

Cherry Trail-T(タブレット PC)

Cherry Trail-T の Atom のプロセッサー・ナンバーは、以下のように表されます。

x5-プリフィックス 4桁の数字
x7-プリフィックス 4桁の数字

Atom の後の「x5」、「x7」は、MID(Mobile Internet Devices)の中で主にタブレット PC 向けである事を示します。他の開発コードネーム SoFIA の Atom では「x3」が使われていますが、MID の中で主に低価格スマートフォン向けである事を示します。x の後ろの数字が大きいほど、価格と性能が高くなるという見方もできます。

プリフィックスは製品の特徴を示し、Z が使われます。Z は、MID 向けの製品である事を示します。タブレット PC は、MID に含まれます。

4桁の数字の上1桁目は8固定になっており、上2桁目から3桁の数字は大きいほど機能と性能に優れている事を示します。