GeForceとQuadro

最終更新日 2021年06月22日

用途

GeForceはゲーム用途に適しており、Quadroはクリエイティブ用途に適しています。

ゲーム用途で利用するソフトウェアの多くはDirectX、クリエイティブ用途で利用するソフトウェアの多くはOpenGLを活用しており、GeForceはDirectX、QuadroはOpenGLに最適化されています。

全てのソフトウェアに当てはまるわけではありませんので、ソフトウェアによってはゲーム用途でもQuadro、クリエイティブ用途でもGeForceの方が適している場合があります。

GeForceはクリエイティブ用途に適していないわけではなく、適していると言えるくらいです。

昔はクリエイティブ用途で利用するソフトウェアの多くがQuadroを推奨しており、ドライバの問題でGeForceだと動作が不安定になる場合が多かったので、クリエイティブ用途に適していませんでした。

今ではGeForceも推奨するソフトウェアが多く、GeForceでも動作が不安定になる問題がほとんどなくなったため、クリエイティブ用途にも適しています。

GeForceは価格が安いので、コストパフォーマンスの高さを求めてGeForceを使用するクリエイターが増えています。

Quadroはゲーム用途も適しているほど高い性能を発揮しますが、価格が高いのでゲーム用途に使用するとコストパフォーマンスがよくないです。

性能制限

GeForce(Quadro)のOpenGL(DirectX)性能制限とは、ドライバの非最適化のことです。

GeForceはOpenGLの性能が制限されている、QuadroはDirectXの性能が制限されている、それぞれ言い換えるとGeForceはドライバがOpenGLに最適化されていない、QuadroはドライバがDirectXに最適化されていないです。

昔と違って今では、性能制限されているほどではありません。

GeForceでもOpenGL活用ソフトウェアで十分高い性能を発揮し、QuadroでもDirectX活用ソフトウェアで十分高い性能を発揮します。

同等製品

GeForceとQuadroそれぞれアーキテクチャーとCUDAコア数が同じの場合、同等の製品と見なせます。

GPUには他にもクロック周波数等のスペックもありますが、そこまで広げるとGeForceとQuadroで一致する製品がなくなります。

アーキテクチャーとCUDAコア数が同じであれば性能に大きな差がありません。

同等の製品を探すのは少々大変な作業ですが、 Nvidia Quadro - Wikipedia を参考にすると簡単にわかります。

同記事にはQuadroの仕様一覧が掲載されていますが、「Near GeForce Model」のところに同等のGeForceの製品が掲載されています。

一部のみしか確認していませんが、少なくともアーキテクチャーとCUDAコア数が同じであれば同等と見なしているようです。

同等と見なす条件が不明のため、他のスペックも考慮して同等のGeForceを決めている可能性があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大70,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(12月8日迄)
DELL
・BLACK FRIDAY
おすすめデスクトップPCがクーポンで最大22%OFF
(11月29日迄)
パソコン工房
・ボーナスセール
人気商品が多数値引き、最大30,000円OFF!
(12月7日迄)

NVIDIA



デル株式会社