NVIDIA(エヌビディア)の由来とは?

最終更新日 2020年10月21日

NVIDIA(エヌビディア)の由来とは何か

「エクサスケールのコンピュータは,プロセス改善だけでは実現できない」。NVIDIA副社長,一層の電力効率改善を予告 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011/07/22)
 というわけで氏は,「3人でデニーズに集まって会社を設立しようと何時間も話し合った。そして,2つのベッドがあるアパートを借りて,3人で会社を設立した。そして社名を考えた」と,懐かしそうに振り返った。
 3人の名前やイニシャルを並べるなど検討してみたがいい名前がない。Malachowsky氏は「誰もが思いつくような名前や,『安いアパートにいて,お金がないことが丸分かり』という,みすぼらしい名前もダメだと思った」とのことだ。加えて,「自分たちが将来どうなるか分からない。だから一般的な名前にしよう」と考えたそうだ。

 検討の末に考え出されたのが「ENVISION」――「予見する」という動詞をそのまま使った社名だ。しかし「法律事務所に,この名前がどこかほかに使われていないか調べてもらったところ,トイレットペーパーの製品名に使われていた(笑)」(Malachowsky氏)。そこで「E」を取ったり,語尾を弄ったりしてNVIDIAという社名になったのだという。社名の読みが「エヌビディア」なのも,「エンヴィジョン」が基なら納得,といったところか。
同記事より引用した内容は、NVIDIAのChris A. Malachowsky(クリス・マラコウスキー)上級副社長による話が基になっています。

「3人」はNVIDIAの共同創業者であり、Malachowsky氏の他にはJen-Hsun Huang(ジェンスン・ファン)氏とCurtis Priem(カーティス・プリーム)氏です。

「デニーズ」とは、ファミリーレストランです。

NVIDIAの由来はENVISION(エンヴィジョン)のようですが、Eを取ったり語尾を弄ったりした経緯があったようです。

どう語尾を弄ってSIONがDIAになったのか気になるところですが、同記事に詳細に書かれておらず不明です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

NVIDIA



デル株式会社