HDMIケーブルの相性問題は品質問題?

最終更新日 2020年10月26日

HDMIケーブルの相性問題は品質問題なのか

Xbox OneシリーズがHDMI 2.1の一部仕様に対応。COMPUTEXでHDMI規格の最新事情を聞いてきた には、HDMIケーブルの相性問題について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/06/16)
実際のところは,相性ではなく単純にケーブルの品質問題なのだが,その背景には,4K映像が要求するケーブルの品質が非常に高いことがある。
同記事のさらなる解説によると、解像度が4Kの映像データを伝送するのに必要なデータ帯域幅が大きく、HDMIケーブルが一定の品質を満たさないと伝送に失敗するそうです。

解像度が4Kより低い映像データであっても、同じ理由で伝送に失敗することがあると考えられます。

同記事のさらなる解説によると、「HDMI Premium Certified」と呼ぶHDMIケーブルの品質認証プログラムが2015年に始まり、このプログラムの認証済みHDMIケーブルであれば、18Gbpsのデータ帯域幅を必要とする伝送を保証しているそうです。

解像度が4Kの映像データで最もビット数が高い場合やフレームレートが60fpsを超える場合、必要なデータ帯域幅が18Gbpsになることがあるそうです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

HDMIケーブルの相性問題



デル株式会社