HDMI 1.4は4K解像度だとフレームレートが30Hzまで?

最終更新日 2021年03月18日

HDMI 1.4は4K解像度だとフレームレートが30Hzまでなのか

パソコンと液晶ディスプレイはどうつなぐ?映像入出力を理解する(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、4K解像度で映像出力したときのリフレッシュレートについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/02/06)
リフレッシュレートとは、画面全体を1秒間に何回書き換えられるのかを示すスペックで、HDMI 1.4までの場合は30Hz(1秒間に30回)、HDMI 2.0以上なら60Hz(1秒間に60回)に対応する。
ノートPC画面が小さく感じる、拡張方法と注意点(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/08/03)
パソコンに搭載されているHDMI端子はHDMI 1.4のものが多いため、4K解像度の出力自体はできるが、リフレッシュレートは30Hzに制限される。
「4K」とは、3840×2160を指しています。

同記事のさらなる解説によると、HDMI 1.4aでも同様な制限があります。4Kでも4096×2160の場合は、24Hzに制限されます。

そろそろ視力も曲がり角。“オトナ”に最適なPC画面表示はこれで! 〜老眼には「4Kディスプレイ」が効く!? - PC Watch には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/12/05)
 だがHDMIの場合、旧世代のビデオカードに搭載されているHDMI 1.4や1.4bだと10.2Gbpsしか得られないため、4K出力はできてもリフレッシュレートは30Hz止まりとなる。
以上いろいろな記事を見てきましたが、HDMI 1.4は4K解像度の出力ができますが、フレームレート(リフレッシュレート)が30Hzまでのようです。

HDMI 1.4→HDMI 1.4a→HDMI 1.4bへバージョンアップし仕様に変更がありましたが、4K解像度出力時のフレームレートに関する仕様変更はありませんので、HDMI 1.4aとHDMI 1.4bでも同様な制限があります。

もし4K解像度かつフレームレート60Hzで出力したい場合、HDMI 2.0以降に対応している必要があります。

HDMI搭載機器では、原則的にバージョン表記が禁止となっており、HDMI搭載機器の仕様等に対応している解像度やフレームレートが記載されています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

HDMI 1.4とフレームレート



デル株式会社