メモリーカードのデフラグ

最終更新日 2022年03月01日

メモリーカードのデフラグとは

基礎

メモリーカードのデフラグとは、断片化(フラグメンテーション)を解消する機能です。

デフラグ不要

断片化が発生するストレージと言えばHDDですが、メモリーカードに限らずデータの記録にフラッシュメモリーを使用するストレージも断片化が発生します。フラッシュメモリーでは断片化によるアクセス速度低下が小さいので、デフラグを実行しても速度低下の回復効果が小さいです。

フラッシュメモリーはデータ書き換えを行うほど劣化し寿命が縮みます。デフラグを実行するとデータ書き換えが大量に発生するので、アクセス速度低下改善効果が小さいのも考慮するとデフラグが不要です。

フォーマット

メモリーカードの断片化を解消したい場合、デフラグではなくフォーマットします。データ消去がありますが、フォーマットの方が効果があります。SDカードの場合、Windows標準機能のフォーマットでは効果がありません。SDカード用フォーマットを実行します。

SDメモリーカードフォーマッター | SD Association にて提供しているソフトウェアを利用すると実行可能です。

フォーマットを実行するとデータを消去します。実行する場合は、その前に別のストレージにバックアップしておきます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)